大人女子のためのWebメディア
検索
2020年12月13日更新

やっとの思いで「本命の彼女の裸を見た」男性のホンネ4選

やっとの思いで「本命の彼女の裸を見た」男性のホンネ4選

女子が「本命の彼の裸をやっと見れた!」という場合、女子は女子として狂喜乱舞するのかどうか、男の著者としてはよくわかりませんが、男子はほぼ確実に狂喜乱舞します。

実際にベッドの上で狂ったように喜び、踊るわけではありませんが、冷静を装いつついろんなことを考えています。

なにを考えているのか、さっそくご紹介しましょう!

やっと見れた!

「本命の彼女の裸をやっと見れた!という喜びと安堵でいっぱいです。だって出会ってから半年かかってやっと見れたわけですから」(25歳・建築)

 

ものすごく素直でストレートなご意見かと思います。

男子って、出会って、デートを重ねて、デートのたびに彼女の裸を妄想し、でも見れなくて……というのを悶々と繰り返すので、「やっと見れた!」と、喜び安堵するのです。

やわらかそう!

「もう全身がやわらかそう!って思います」(26歳・広告)

 

ポチャの女子でなくとも、男子は女子の裸を見て「やわらかそう」と思います。

そもそものカラダの構造が男女でちがうので……ということでしょう。

やわらかそう、あたたかそう。こういうのも、ごく自然に男子が抱く感想でしょう。

きれい!

「本命の彼女の裸はきれい!」(23歳・コンビニ)

 

女子がじぶんのカラダのあそこがイヤだとかここがイヤだとか、細かいことを考えているのに対し、男子は全体を見て「きれい!」と思う……このへんも大きな男女差だろうと思います。

よく見れば100%きれいとも言い切れない……と男子が思うのは、ずっとあとの話です。

俺、落ち着かないと!

「本命の彼女の裸を見たらドキドキしちゃって『俺、落ち着かないと!』と思います」(27歳・IT)

 

こちらも非常に素直な男心ですよね。

男子はAVが大好きでエロくてどうしようもないと思っている女子も多いかと思いますが、エロさの裏にはこういうピュアな感性があるのです。 

 

ジャムウ 記事LP


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。