大人女子のためのWebメディア
検索
2020年12月19日更新

男性が「もう奢りたくない…」と思う女性の態度3つ

ドン引き…男性が「もう奢りたくない…」と思う女性の態度

男性がデートで奢ってくれるときに、女性が油断していると「もう奢りたくない」と思われてしまうことがあります。

男性心理的に癪に障って「もう奢りたくない」と思うのですが、それは男性のプライドと期待に理由があります。一体どういうことなのか順に解説していきます。

奢られることに感謝を示さない

男性は女性に奢るとき、感謝されたいという欲があります。なので女性が全く感謝の素振りを見せないと、もう奢りたくないと思ってしまうんです。感謝されないなら奢る意味を感じないからです。

また、女性が奢られるのを当然だと思っていると、自分の方が立場が下になったような気がして奢る気をなくします。自分が女性に貢いでいる立場になるのが不愉快なので、奢る気をなくすのです。自分が下になりたくないというプライドが関係しています。

結果、自身のプライドや女性に求める反応を得られないことで奢る気持ちがなくなるのです。

喜ぶ様子が見られない

喜ぶ様子が見られないのも、男性が奢る気持ちがなくなる原因です。男性は、好きな女性が喜ぶ顔を見たいと思うものです。もっと言えば、自分の手で女性を喜ばせたいと思っているのです。

なので、女性が喜ぶ様子を全く見せてくれないと、奢り甲斐がないと感じて、もう奢りたくないと思ってしまうのです。

感情を表に出すのが苦手な人も、料理やその場所を楽しみ、喜ぶ表情を出してあげた方がいいでしょう。男性の期待に応えてあげることもときには必要です。

文句が多い

お店の雰囲気や料理にケチをつける、もっと高級なお店が良かったと言うなど文句が多いのも、男性にもう奢りたくないと思われます。これは当然のことで、男性は文句を言われるために奢っているわけじゃないですからね。

女性も男性のために何かしてあげたときに、男性から文句を言われるとやる気をなくすでしょう。男性も同じで、文句を言われたら、もういいやと思ってしまうのです。

気に入らないことがあっても、あからさまに文句を言うのはやめた方がよいでしょう。不満を言うにしても、言い方に気をつけた方が、男性も理解してくれます。

 

男性は奢られることに感謝を示さず、喜ぶ様子もなく文句を言う女性に、もう奢りたくないと思います。そんな人いるのかと思うかもしれませんが、当然のように奢られる人はいるものです。うっかりそんな態度を取らないように、気をつけましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。