大人女子のためのWebメディア
検索
2020年12月17日更新

「正直キツイっ…」男性が苦手な女性の自虐ネタ4選

「キツイっ…」男性が苦手な女性の自虐ネタ4選

女性の中には盛り上げるために自虐ネタを話したり、自分に自信がなくて自虐ネタを話す人もいるのではないでしょうか。しかし、自虐ネタは男性に引かれる可能性も高いので注意が必要です。今回は、男性が苦手な女性の自虐ネタを4つ紹介します。

見た目に関する自虐が苦手な男性は多い

女性の中には、自分の見た目に自信がなくて自虐ネタを話してしまう人もいるのではないでしょうか。「私の顔は可愛くないから」「私ってスタイル良くないから」といった、見た目に関する自虐ネタを言ったときに、女子会であれば、「そんなことないよ」といったニュアンスの返事がもらえるかもしれません。

しかし、男性の場合は女性の見た目に関する自虐ネタを話されると、何を言えばいいか分からなくなって戸惑ってしまうことも珍しくありません。返答に困るため、見た目の自虐ネタは苦手な男性が多いでしょう。

見た目の自虐ネタを話さない方が、自分に対する良い想像を膨らませてくれるかもしれませんよ。

ズボラ女子の自虐ネタは引かれることが多い

男性がお世話をしたくなるような女子をアピールするために、ズボラな女性であることを自虐ネタとして話してアピールする人もいるかもしれません。

男性の中には、世話好きな人がいるのは間違っていませんが、彼らも何もしない女性の世話をするのが好きなわけではないでしょう。そのため、ズボラな女性としてのエピソードを自虐的に話してしまうと、ただマイナスイメージが強調されるだけになってしまいます。

ズボラなエピソードを話すのであれば、苦手なものだけでなく、得意なものも伝えておくのが効果的です。例えば「料理はできるんだけど、掃除だけはどうしても苦手」といった話し方が有効的でしょう。

年齢で自虐ネタを言われると男性は困る

男性が苦手とする、女性の自虐ネタの1つが年齢の話です。年齢を重ねると若い頃の自分と今の自分を比べてしまって、自虐的になる女性もいるかもしれません。

しかし、それを自虐ネタとして使うと男性は困惑してしまいます。例えば「私っておばさんだから」と言われても、男性は「そうですよね」とは言えませんよね。「そんなことないですよ」と返しても、何か良い方向に話が発展するわけではないので、どちらにもメリットのない自虐ネタだと言えます。

「自分はおばさんだ」と言いすぎると、本当に老けて見られるので、年齢の自虐ネタはしない方が良いでしょう。年齢の話をするのであれば、「〇歳だけど、こんなことができる」といったポジティブな話題の方が、良い効果が期待できます。

モテないことを自虐的に話されると反応に困る

「私ってモテないから…」と自虐的に話す女性もいますよね。実際にモテた経験がないのかもしれませんが、モテないことをカミングアウトされても男性は反応に困るだけなので、避けておくのが良いでしょう。

また、モテないことをアピールする女性に対して魅力を感じる男性は少ないので、その観点からもモテないという自虐ネタは避けた方がいいと考えられます。

モテない話をするのであれば、「あまりモテた経験はないけれど、あなたからはモテたいな」といった攻めのネタに変えるのが効果的です。

 

自虐ネタを話せば、場が盛り上がると考えている人もいるかもしれませんが、大抵の自虐ネタに対して、男性は反応に困ってしまいます。自虐ネタは自分への評価を下げてしまうので、もう卒業しましょう!自虐ネタよりもポジティブな話をする方が、人間的魅力は高まります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。