大人女子のためのWebメディア
検索
2020年12月20日更新

彼の視線は好きのサイン?よく目が合う男性心理とは

彼の視線は好きのサイン?目が合う男性心理とは

男性と目が合うけれど、どんなことを考えているのか気になるという方は多いのではないでしょうか。それが好きのサインなら嬉しいですが、そうでない場合もあります。男性の目が合った時の心理について紹介していきます。

相手に好意があるから

好きな相手のことは、気づかないうちに目で追ってしまうものですよね。

目が合う理由の一つは、相手に好意があるからです。無意識で見ている人もいれば、自覚を持って見ている人もいます。

頻繁に目が合ったり、目が合ったらすぐにそらすような場合は、好きな気持ちがあって見ている可能性が高いです。

魅力があって見てしまう

外見や仕草が可愛い、綺麗に感じて無意識のうちに見てしまい、目が合うといったケースも多いです。女性が露出した格好のときもセクシーさを感じて、つい見てしまうケースもあります。

好きな気持ちがあるわけではなくても、何か惹かれるものがあってつい見てしまうのも、男性心理の一つです。

この場合、好意とまではいかなくても良い印象を持たれているので、積極的に行動してみても良いでしょう。

仕事の様子が気になる

職場で男性と目がよく合う場合は、仕事の様子が気になっている可能性が考えられます。

一例としては、何か質問や確認をしたくて、ちょうど良いタイミングを見計らっているケースが挙げられます。「忙しい時に話しかけては悪い」と思って、手が空くのを待っているために目が合ってしまうのです。

また、仕事ぶりが良いために注目しているというケースもあります。職場で男性と目が合うのは、仕事の状況を気にかけられているか、仕事ぶりを評価しているといったケースで好意とまでは言い切れないことが多いです。

違和感があって見てしまう

あなたに対して、何か違和感を持っているのも目が合う心理の一つです。

例えば、服に汚れがあったり、顔や髪に何か付いていたりするような場合です。他にも、口にしづらいことがあって見てしまうこともあります。男性側から指摘するのは失礼かな…と思って口に出せないでいる可能性は高いです。

目線が気になるのなら、身だしなみを確認してみるのが良いかもしれません。

たまたま目が合っただけ

目が合うからといって、必ずしも何かしらの心理があるとは限りません。ただ、ぼーっとしてたまたま目が合う場合もあります。

目を合わせ続けていても特に反応がない場合は、たまたま目が合っただけで特に意味はないという可能性が高いです。

 

目が合う時の男性心理は様々です。好きだからというのは大きな理由ですが、他に理由があるかもしれないので早合点しないようにしましょう。

ただし、何度も目が合うのは脈ありの可能性があるので、見つめ返したり、笑ったりしてみてアプローチをしてみると、彼との距離が近付くかもしれませんね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。