大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 本音は下心…?『脈あり』のようで『脈あり』ではない7つのパタ...
2020年12月22日更新

本音は下心…?『脈あり』のようで『脈あり』ではない7つのパターン

本音は下心…脈ありのようで脈ありではない7つのパターン

世の中には、愛情ではなく下心を持って女性と親しくなろうとする男性がいます。もっとも、そんな男性もさすがに本心は明かそうとせず、一見愛情があるかのように振る舞うからこそ女性も騙されてしまうのです。

ただ、いくら本気を装っても所詮は下心、冷静になって考えれば女性も男性の本心に気づくでしょう。例えば今回紹介する7つのパターンは、いずれも愛情があるように見えて実は完全な下心のケースです。

1. 「好きだよ」「愛してる」の連発

「好きだよ」も「愛してる」も好きな女性に伝えなければならない大切な言葉です。しかし本当に女性を好きだと正直に言えないのが男心です。理由は簡単で照れ臭いから、そのため男性がこれらの言葉を口にするのは告白する時くらいです。

実際愛情ある言葉を言ってくれない彼氏や夫に不満を持つ女性は多いでしょう。だからこそ「好きだよ」・「愛してる」を抵抗なく何度でも口にする男性はむしろ怪しいのです。

2. 「会いに来てほしい」と訴える

下心ある男性に最も欠けているのは行動力であり、言葉は巧みでもそれに伴った行動ができません。例えば女性に会う時、本当に女性のことが好きなら自分から会いに行こうと思うものですが、女性に「会いに来てほしい」と頼む男性は会うことを行動に移せない証拠です。

特に、女性と住む距離が遠いほどこの一面は露呈しやすく、自分から動こうとせず女性を呼び寄せてばかりの男性は要注意です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 本音は下心…?『脈あり』のようで『脈あり』ではない7つのパタ...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。