大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 来年こそは彼氏が欲しいなら、年末のうちに心の断捨離を!
2020年12月26日更新

来年こそは彼氏が欲しいなら、年末のうちに心の断捨離を!

来年こそは彼氏が欲しいなら、年末のうちに心の断捨離を!画像

年末にする大掃除や断捨離。それも大切だけど、彼氏が欲しいと思っている人に必要なのは心の断捨離をすることです。

過去の失敗のせいで恋愛に臆病になっていたり、プライドや高い理想を持ちすぎていたり、『恋人』に執着しすぎていませんか?

なかなか彼氏ができないのは、そういった感情が邪魔しているからかもしれません。

今回の記事では、彼氏が欲しいと思っている人に年末だからこそやって欲しい、心の断捨離方法について解説していきます。

過去の恋愛の悪い記憶を断つ

過去に恋愛で失敗していたり、辛い経験をしている人は、その記憶が後の恋愛にも悪い影響を及ぼしやすくなります。

例えば、素敵な人に出会っても『また浮気されたらどうしよう』と不安になったり、『どうせ私なんて』と卑屈になってしまったりするのです。

こんな状態ではなかなか彼氏はできませんし、仮に彼氏ができたとしても必要以上に浮気を疑ってしまったりして、恋愛が上手くいかない可能性も高くなってしまいます。

ではどうやったら過去の悪い記憶を断つことができるのでしょうか。

そのためには、『あの経験があったから今の私がある』と過去を受け入れてしまうことが大切です。

今のあなたは過去の経験があるからこそ、人を見る目が育ったり、人に優しくなれたり、『本気で愛せる人を探したい』と思っているはず。

今の自分があるのはあの経験のおかげだなと考えることで気持ちを整理して、過去に引きずられないようにしましょう。

プライドや高すぎる理想を捨てる

なかなか彼氏ができない女性に共通するのは、「合コンとかしてまで彼氏欲しくないし」というプライドや、「年収は絶対800万以上」というような高い理想を持っているということです。

もし合コンやお見合いで恋人を探すことが世の中の常識なら、あなたも合コン等に参加しようと思いますか?

もしその答えがYESなら、「合コンとかはちょっと…」というのは周囲の目を気にして生まれた不要なプライドなのかもしれません。

そのプライドに邪魔をされて、あなたにぴったりの素敵な男性と出会える機会を逃しているのだとしたら、とてももったいない事だと思いませんか?

 

また、「年収は〇〇以上」という理想を持つことは決して悪いことではありませんが、その理想があるが故に、その条件を満たしていない男性を全て”対象外”としてしまうのも少しもったいない事かもしれません。

何故なら、『年収は〇〇以下だけど絶対にこの人と結婚したい!』と思わせてくれる男性との出会いだってきっとあるからです。

理想を持つのは悪いことではありません。でも、ボーダーラインを作ってそこに届かない男性を全て無視するのはやめましょう。

男性へ執着しすぎるのをやめる

恋人が欲しいのなら積極的に行動すべきですが、かといって男性に執着しすぎているうちは上手くいきません。

なぜなら、男性はすぐに手に入る女性よりも、『頑張ってこの人を手に入れたい!』と思わせてくれる女性を好きになるからです。

よく「告白は女性からしない方が良い」とか「LINEの返信はすぐにしない方が良い」と言われるのも同じ理由ですね。

男性は『あ、この人は俺に惚れてるんだな』と思ったら、そこで満足して途端に興味がなくなってしまいます。

なので、『恋人が欲しい』という気持ちを持っていたとしても、相手に執着しすぎてしまうことのないように気をつけましょう。

たとえそれがやせ我慢だとしても、「付き合いたい?別に良いけど?」くらいのスタンスでいた方が、男性には効果的なのです。

 

恋愛を成就させるためには、テクニックを学んだり自分を磨いたりすることも大切ですが、それと同じように不要な感情や思考を思い切って捨てることも大切です。

是非今回の記事を参考に、年末のうちに心の断捨離をしてみてはいかがでしょうか。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

悩んで苦しむ時間が大嫌い。だからこそ、嫉妬や依存に苦しまない方法、愛される、モテるための方法を徹底的に確立しました。その方法を記事にまとめて、悩んでいる女性に届けたい。そんな気持ちで配信していきます。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 来年こそは彼氏が欲しいなら、年末のうちに心の断捨離を!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。