大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「面倒」と「頑張ろう」の境界線は?女性から頼み事をされたとき...
2021年01月06日更新

「面倒」と「頑張ろう」の境界線は?女性から頼み事をされたときの男性心理

「面倒」と「頑張ろう」の境界線は?頼み事をされる男性の心理

男性は女性に頼られると頑張りすぎることもあります。しかし、どんな頼み事でも頑張れるわけではありません。面倒だと感じるときもあれば、頑張ろうと思うときもあるのです。今回は男性の「面倒」と「頑張ろう」の境界線を紹介します。

女性の頼み方によって男性の心理は変わる

男性は女性からの頼み事であれば、どんなものでも引き受けるわけではありません。男性が「面倒」だと感じるときと「頑張ろう」と思えるときの境界線の1つが、女性の頼み方にあります。

例えば手伝いを頼まれたときに「暇なんだったら手伝ってほしいんだけど」と言われると、面倒だと感じる男性は多いです。しかし、「お願い!どうしても人手が足りなくて手伝ってほしい!」と懇願されると、とても頼りにされているような感覚になり、「それなら頑張ろう」と考える男性は多いでしょう。このように頼み方が違うだけで男性の心理は変わってきます。

女性の行動によって男性の心理は変わる

普段から頑張っている女性からの頼み事と、何も頑張らずに面倒を押し付けるような女性からの頼み事では男性の受ける印象が変わります。

普段から頑張っている女性は自分が限界まで頑張った後で頼ってくることが多いので、そのような女性から頼み事をされると男性は「自分が頑張ることで少しでも楽をさせてやりたい」と考える傾向が強いです。そのため男性に頼み事を引き受けてもらいたいのであれば、まずは自分が頑張る姿勢を見せていくのが重要なポイントだと考えられます。

頼み事の内容によって男性の心理は変化する

男性はどんな頼み事でも引き受けてくれると考えているのであれば、それは間違いだと思っておいた方が良いでしょう。例えば誰でもできるような書類整理を頼まれても「別に男を頼る必要はないんじゃないか」と考える人が多く、そのような男性は頼まれたことを面倒だと感じやすい傾向にあります。

そんな頼み事ではなく、女性では持ち運ぶのが難しいような重い荷物の移動を手伝ってほしいというような頼み事が効果的です。このような頼み事であれば、男性の力が必要になるので「自分が頼られているのであれば頑張らないといけない」と考えやすいと言えます。

この例を考えれば、男性に頼み事を引き受けてもらいたいのであれば力仕事を中心に依頼するのが良いと考えられます。頼み事を引き受けてもらうために、ご褒美を用意してみるのも良いかもしれませんね。

頼み方や内容を考えて頼み事をしよう

頼み方や普段の女性の姿勢、頼み事の内容などによって男性の心理状況は変化していきます。できるだけ男性が「頑張ろう」と思えるような頼み方を考えるのが良いでしょう。また男性を頼る前に自分で何か行動を起こしてみるのが重要だと言えます。その頑張る姿勢が男性の頼み事に対する心理に影響します。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「面倒」と「頑張ろう」の境界線は?女性から頼み事をされたとき...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。