大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月06日更新

大人の片想いが成就しにくい理由と成功させる方法

学生気分はまずい…?!大人の片想いが成就しにくい理由と成功させる方法

片想いの経験がない女子はほとんどいませんよね。小さな子供のことを含め、誰でも片想いのツラさは体験済み。特に子供のときと違って大人になってからの片想いはよりツラくなっていきます。なぜなら、大人の片想いは子供の頃や学生のときと違って成就しにくくなってしまうからです。なぜ大人の片想いが成就しにくいのか、その理由と成功させる方法を解説していきます。

告白後の展開を考えすぎてしまうから

大人の片想いには、まず環境が成就の邪魔をしてきます。もちろん、学生の頃も片想いをしていれば環境は邪魔になってきますよね。皆に知られたら恥ずかしいと思ったり、なかなか会うタイミングや話す機会がなかったりなど…この悩みは大人の片想いでも変わりはしませんが、大人になるとこれに加えて今までの経験から先の展開を予測してしまうので、アピール自体を構えてしまうのです。

 

失恋の痛みを知っていると、告白する前から「もしも告白してNGだったら…」と自分の苦しみを心配して、告白云々よりもアピールができなくなってしまいます。また「彼と付き合ったら将来は…」と、相手の気持ちを聞く前から結婚の将来像を考えて、気持ちに蓋をしてしまう女子もいます。

アピールの方法が限られているから

学生時代に片想いを成就させるためには、学校で話す機会を増やしたりLINEのやりとりを何回もしたり、友達に協力を仰いでグループ交際から仲良くなったりと、それなりにアピール方法がありました。しかし、大人になるとこのアピール方法には制限が出てきます。特に年齢が上にいけばいくほど生活のメインが仕事になってくるので、話すチャンスやLINEするタイミングはなくなってきます。

 

学生の頃のように気持ちの赴くままLINEを送ってしまえば、仕事に不真面目な女性としてイメージはダウンしてしまいますよね。話しかけるチャンスやLINEでのアピールに回数制限が出てくるため、どうしても二人の関係が先に進むのは遅くなってしまうのです。また、社会人になると友達に協力をお願いするにも、好きな人と友達自体に繋がりを作るのが難しい場合があります。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

おひとりさまにも完全慣れたアラサーフリーライター。猫か犬かうさぎか鳥か…ペットを飼ってしまおうか迷い中。 それなりに遊びつくした20代の経験とミーハー心を元に、女友達とも彼氏とも、そしてひとりでも行けるおすすめスポットたちを紹介します。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。