大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月08日更新

まだ修復は可能…?彼氏の「別れる前兆LINE」の特徴3選

まだ修復は可能…?!彼氏の「別れる前兆LINE」の特徴3選

恋人とのコミュニケーションとして、毎日のLINEは欠かせないものです。なんとなくしているやり取りの中にも、別れる前兆が見えていることがあります。別れが近くなった時のLINEの特徴を知って気を付けるようにしましょう。

連絡があまりこなくなる

別れの前兆として、LINEの連絡が減ることがあります。

最初はマメに連絡をくれていた彼氏も、次第に連絡がこなくなってきたら安心できない状態です。付き合い始めの頃やラブラブな時期は、どんなに遅くなってもおやすみといったLINEをしてきたのに、こなくなる場合は前兆と考えてよいでしょう。

普通に付き合っているなら、なかなか起こり得ないことです。このような場合は、返信を強制するのではなく、直接会って話すようにしてください。LINEは簡単ですが、込み入った話をするのには向いていません。

既読の速度が遅くなる

今までは連絡をしたらすぐ既読になっていたのに、放置されるようになるのも前兆の1つです。

LINEを送信したのに半日も未読で放置されていたり、返信が翌日の場合などは、興味が薄れていたり何かあるケースが高いでしょう。返信に一日も時間がかかってしまっては、こちらもどんな会話だったか忘れてしまうので、話も盛り上がりません。

また、やっときた返信が一言だけだったり無造作にスタンプが一個だけであれば、2人の関係に変化が起こる時と考えてよいでしょう。そっけない態度に落ち込みますが、返事がないよりマシと思って気にしないようにしましょう。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。