大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月10日更新

恋人同士みたい!男性をドキドキさせる会話テク3選

話してるだけじゃダメ…?!男性をドキドキさせる会話テク3選

「気になる男性と話す機会はたくさんあるのに、距離が一向に縮まらない…」という状態に陥ってしまうのは、恋愛を意識させるドキドキ感が二人の間に足りていないのかもしれません。

ドキドキは二人っきりなどシチュエーションで作ることもできますが、その際に重要になってくるのが会話です。今回はそんな男性をドキドキさせる会話テクを紹介していくので、早速試してみてくださいね!

1. 恋人同士のセリフを会話に盛り込む

「大好き」や「会えて嬉しい」といった言葉は彼氏と彼女の関係なら自然に出てきますが、まだ付き合う前の関係だとハードルが高いですよね。しかしハードルが高いからこそ、普段の会話中にさりげなくこの会話を盛り込むことでドキドキが生まれます。
特に「好き」といった言葉は、男性のインパクトには残る可能性大!「告白されたわけではない」とわかっていても、もしかしたら…といった期待が男性の中に残るので、相手の女性を意識するきっかけにもなるのです。

 

たとえば、感謝を言うときなどは「好き」が言いやすいタイミング。「ありがとう!そういう優しいところマジで好き」「感謝してます!本当に大好き!」などありがとうにプラスすると言いやすいはずです。また、「最近はリモートワークばかりだったから、久しぶりに会えて嬉しい」と、現状に便乗して言ってみるのもアリです。

2. 人間性や性格を具体的に褒める

男性は高い闘争本能を持つことから人一倍承認欲求が高く、自分だけしか持っていない部分を褒められたり着目されると、高い満足感を得ます。褒められることでも、特に人間性や性格について言及をされると、相手に対する印象が大きくなります。

 

「優しいね」「かっこいい」などあるあるな言葉をかけるより、「いつも話を最後まで聞いてから意見を考えてくれるところが優しいんだよね」「歩いているときに、さりげなく道路側を歩いてくれるところがかっこいい」など、具体的な褒め言葉をかけることが、男性をドキドキさせるポイントです。

男性は女性から表面的な褒め方をされることでもある程度の嬉しさは感じますが、自分の人間性や性格を理解してもらえていることがわかるような褒め方をされることで、嬉しさにドキドキもプラスされるのです。

3. 自分の恋愛経験は少なめに申告する

何度も会話を積み重ねていれば、男性から「今まで何人と付き合ってきたの?」という質問をされることもあるはず。そんなときは、正直に人数を答える必要はありません。「経験豊富か…」と男性に思われてしまうと、ドキドキはもちろん恋愛対象としても遠ざかってしまうことがあります。

 

この質問には「恋愛経験があまりなくて恥かしいんだけど…」という前置きを付けて、「2人」or「3人」と答えるのがベスト。すると途端に男性は「俺でもいけるかもしれない…」と勝手にドキドキすることがあります。特にモテそうな印象の女性であればあるほど、恋愛経験の少なさとのギャップに男性はドキドキしてしまいます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。