大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月15日更新

幸せホルモン発生中!?キスがもたらす意外な効果とは

幸せホルモン発生中!?キスがもたらす意外な効果とは

彼とのキスは、かけがえのない愛情表現のひとつです。2人にとって大切なひとときあると同時に、意外な効果ももたらします。彼ともっとキスをしたくなる、意外な効果について紹介します。

1. ストレスホルモンを制御する

キスをすることで、快の感情をもたらすドーパミンや多幸感をもたらすエンドルフィンルが分泌され、ストレスホルモンを抑制します。ストレスが多い現代社会、日々の生活に疲れたり、落ち込んでしまう出来事に遭遇したときは、大好きな彼とキスをしましょう。

2. 鎮痛効果がある

キスをするとエンドルフィンが分泌され、脳内麻薬による鎮痛効果をもたらします。疲労やストレスから頭痛がするとき、彼とキスをすると痛みが和らぐかもしれません。彼の愛情を感じつつ、痛みが治まれば一石二鳥です。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。