大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月28日更新

あれ、もしかして私って不倫…?彼が「既婚男」だと確信を持った瞬間

あれ、もしかして私って不倫相手?彼が「既婚男」だと確信を持った瞬間

真剣交際だと思っていたのに、「実は彼が既婚者だった」なんてことも少なくありません。この事実に気付いたとき、信じたくない反面「やっぱりそうだったんだ……」と妙に納得することもあるようです。
では女性陣は、どこで彼の不倫に気付くのでしょうか。今回は「既婚の確信を持った瞬間」をご紹介します。

家に呼んでもらえない

・「交際して1年近く経つのに、一向に家に呼んでもらえなかったから。最初は『部屋が汚いからムリ』とか『また今度ね』と言われて信じていたけれど、さすがに怪しいと思って。デート終わりにコッソリ尾行したら、三輪車の置いてある一軒家に住んでいました」(31歳/一般事務)

 

実家暮らしや寮生活でもないのに、何年も家に呼んでもらえないのは怪しいですよね。そもそもそんな秘密主義の男性とは、結婚まで考えられないのでは? 不倫を疑う以前に、ふたりの関係性を見直すべきなのかもしれません。

電話やLINEの時間帯が決まっている

・「合コンで知り合った不倫男は、夜になるとパッタリLINEが止まる。たまに向こうから電話が来たけれど、家ではなく決まって職場からの帰り道でした。友人に相談したら『それって既婚者なんじゃない?』と言われ、調べてみたらクロだった。もう悔しくて苦しくて、やりきれない気持ちになりました」(28歳/編集)

 

家族がいると、連絡できない時間帯も出てきます。特に休日ほぼ連絡がつかないのは、何か意味があるのかもしれません。LINEを見返して、彼の裏の生活を探ってみましょう。

車に物を置いていくと怒る

・「彼はよく車で迎えに来てくれたのですが、最後に必ず『忘れ物ないよね?』って聞くんです。飲食店や一緒にホテルに泊まった際は絶対そんなこと言わないのに……。しかもよくよく考えたら、車に忘れ物をしても何の問題もないじゃないですか。変だなと思って彼のスマホを見たら、なんと既婚者でした……」(32歳/営業事務)

 

忘れ物を見られたら困る人がいるのでしょう。家族との共有スペースに不倫相手を乗せるって、なかなかのメンタルですよね。もしかしたらすでに妻にはバレている可能性もあるので、注意が必要かもしれません。

深い話を嫌がる

・「私が将来の話をしようとすると、露骨にイヤな顔をして『今日は疲れているから』と言う彼。そこまで徹底的に拒否するのには、何か理由があるはずと思って。それで調べてみたところ、既婚だと判明しました。彼にはもう将来を考える相手がいるのだと、そこでようやく気付きましたね」(27歳/受付)

 

不倫相手とはただ遊んで、現実逃避したいだけ。そのため、リアルな話はしたくないようです。将来はもちろん、仕事や身内など深い話を嫌がるようなら、その理由を探るべきかもしれません。

 

既婚の影を完璧に消し去るのは、不可能なもの。不審に思う点があったら、まずは周囲に相談して意見を聞くといいでしょう。いつまでも彼に騙され続けるのは、時間がもったいないですよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

フリーライター。主に恋愛コラム・お悩み相談・エンタメについて様々なWeb媒体で執筆中。幸せな恋愛、辛い恋愛、共に皆様の心の支えになれるような文章を目指しています。座右の銘は「何事に関しても冷静と情熱の間」 Twitter:@Kazu_367
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。