大人女子のためのWebメディア
検索
2021年04月16日更新

つい送っちゃってない?男性に嫌われる《ウザLINE》5選

3. 読むのが疲れる『とにかく長文LINE』

男性はLINEを連絡ツールだと思っています。それに対して女性はコミュニケーションツールと捉えていますよね。その食い違いが溝を生んでしまうこともあるようです。男性は、LINEは用件だけを簡潔に…が基本のルール。とりあえず生存確認とか、とりあえず報告という意味合いで使うので、女性が長々と今日一日の報告をしてくることに対して「これ返さなきゃダメなのかな?」と困ってしまうこともあるのです。

 

「LINEを開いたら会話の枠が長すぎて読む気が失せた」

「読んだら満足して返事を返す気がなくなってしまった」

などの、手厳しい意見も男性から聞きました。

男性、特に好きな人とLINEをする時は、短い文章でラリーを返すことを心がけると、相手の負担にもなりにくく、嫌がられることもなくなります。

4. 送った瞬間既読がつく『瞬間既読・返信LINE』

「送った瞬間に既読が付いて即レスしてくる女性がいるけど、俺のLINEを待ち構えていたみたいで怖くなった」という意見もあるように、男性は即レスされることを怖いと思うことがあるようです。女性側としては、悪気は全くなく、むしろ会話をポンポンとやりとりしたいから即レスしていますよね。

しかし、待たれていると思うと気が引けるのか、早く連絡をしないといけないと焦るのか、嫌な気持ちになる男性は多いようです。中には「恋愛依存系?」とメンヘラを疑われたり、「重い」と恋愛対象から外されてしまうこともあるので、既読と返信のタイミングには注意するべきかも。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。