大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月17日更新

何でも言い合える関係が実はカップルに不向きな理由

何でも言い合える関係が、実はカップルに不向きな3つの理由

恋愛は、パートナーと性格が合うかどうかが大切です。なんでも言い合える関係の方が、恋愛は上手くいくと思いがちですが、そこにはある落とし穴があります。こういった関係がカップルに不向きな理由を3つ紹介しますしょう。

喧嘩が起こり易い

なんでも言い合える関係の異性とカップルになると、本音と建前が上手く使い分けられなくなる可能性があります。常に異性に対して本音で話してしまい、その言葉が相手の怒りを買うこともあり得ます。

確かに、時には本音で伝えることも必要です。しかし、あまりにもなんでも言い合える関係だと、言わなくていいことまで本音で話してしまう危険もあります。ある程度は相手を思いやって、建前で話をすることも重要なのです。

このような関係を続けてしまうと、一度仲直りをしたとしても喧嘩を何度も繰り返すようになるかもしれません。喧嘩をするほど仲が良いという言葉もありますが、不必要な喧嘩をすることもないので、思っていることをすぐに口にするのは避けた方が良いでしょう。

友達のような関係になってしまう

また、お互いがなんでも言い合える関係になると、友達のような関係になってしまうこともあります。カップルとして長く続いていくためには、言葉をしっかりと選ぶように心がけなければなりません。

友達かカップルかの線引きは、お互いの距離感が非常に大切です。なんでも言い合える関係が続くと、本当に異性として好きなのかどうかが分からなくなってしまいます。実際、友達のような関係が続くことで、分かれてしまうようなカップルも数多く存在しているのです。

その原因の1つが言葉の伝え方にあります。友達としては良いかもしれませんが、カップルとして考えた場合に避けるべき言葉もあります。普段の言動を省みるようにしましょう。

関係性にヒビが入る

最後に、好き放題言葉を投げかけることで、知らず知らずのうちに関係性が悪くなることもあります。無意識に言葉をぶつけていることで、相手がストレスを感じているかもしれません。

そのストレスが小さい内は、まだ関係性に大きくヒビが入る危険は低いと言えるでしょう。しかし、それを積み重ねていくことで、取り返しのつかないくらい関係が悪化してしまうことがあるのです。

なんでも言い合える関係ではなく、ある程度は言葉に配慮した方が、不要なストレスを相手方に溜めさせることはありません。それが、カップルが長続きするコツにも繋がっていきます。

カップルには配慮が必要

これらの3つの理由から、なんでも言い合える関係の異性はカップルに不向きであると言えます。カップルを長続きさせていくためには、丁度良い配慮が欠かせません。言葉は時に相手を無意識に傷つけてしまうことがあります。伝えるべき言葉をお互いが選んでいける関係をつくることが重要です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。