大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月20日更新

男性がグッとくる「女性らしい」言葉遣い3つ

男性がつい女性らしさにグッとくる言葉遣い3つ

男性から良い印象を持ってもらうためには、普段の言葉遣いも重要なポイントです。きれいな言葉遣いを普段から心がけていれば、女性らしさを効果的にアピールできます。ここでは、男性がついグッとくる言葉遣いを紹介します。

丁寧な言葉遣い

男性に女性らしさをアピールできる言葉遣いの代表的なものが、丁寧な言葉遣いです。普段から流行り言葉や乱暴な言葉で会話をしている女性は特に注意が必要です。言い方を少し変えるだけでも、女性らしさを効果的にアピールできます。

ご飯を食べるときなど、「腹が減った」「うまい」など男っぽい言葉遣いをしてしまうこともありますが、男性にはがさつな印象を与えてしまいます。

「おなかがすいた」「おいしい」と言うようにするだけでも、女性らしさをさりげなくアピールできます。

上品な言葉遣い

上品に話すためのコツは、使用する単語も品のある言葉を選んで使うようにすることです。

トイレに行きたいときにも、トイレという言葉をそのまま使ってしまうと品がなくなります。「お手洗い」という言葉を使った方がずっと上品になり、女性的な魅力をアピールできます。

女性の中には怒ったときに「ムカつく」と口にする人も多いかもしれませんが、こうした言葉遣いも、男性に女性らしさをアピールする面ではマイナスイメージです。

感情をストレートに表すような言葉を口にしないようにすることで、品の良さと女性らしさをアピールできます。

「お」をつける言葉遣い

名詞の前に「お」をつけるようにするだけでも、女性らしい上品な言葉遣いになります。

例えば、食べ物のことを話すときに、「米」と言うよりも「お米」と言った方がずっと上品に聞こえます。使用頻度の高い「金」なども注意したい単語で、「お金」と言った方がずっと品が良くなります。

「お」をつけたほうが良いか微妙な単語の場合には、つけないようにしましょう。なんにでも「お」をつけて話すのは、逆にわざとらしくなってしまいます。

 

男性からの印象を良くしたいのなら、普段から女性らしい言葉遣いを心がけることが大切です。会話の中で使う単語を選ぶだけでも女性らしさをアピールできるので、できるだけ多くの言葉を知っておいた方が品のある会話はしやすくなります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。