大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月25日更新

非モテ3D「だって、でも、どうせ」思考リセット法

非モテ3D「だって、でも、どうせ」をなくす思考リセット法

素敵な恋愛をしたいのに彼氏ができない女性は、非モテ3D「だって、でも、どうせ」が口癖になっているのかも。それらの言葉は、不幸体質を作り上げるので、口にしないほうがいいですよ。まずは、非モテ3D思考をリセットしましょう。

「だって」じゃなくて「受け入れよう」

「だって」と口にしてしまうのは、自分の悪いところを指摘された場合が多いです。彼氏がいない理由について「もっと笑った方がいいよ」「ネガティブに考えるのはやめたら?」とアドバイスをされても、「だって」と言い返すことはありませんか?

相手は親身になって、あなたに話してくれたのです。そのような時は「なるほど。今度からそうするね」と素直に受け入れましょう。「だって」と言い訳をしているうちは、今の状態から抜け出すことができません。

そして、アドバイスの内容をよく考えて、自分のよくないところを改善しましょう。いつの間にか前向きな気持ちになって、表情が明るく変わります。その時、あなたをそっと見つめる男性が現れますよ。

「でも」の代わりに「認めよう」

彼氏にフラれた時、理由がわからなくて落ち込むことはよくあります。もしかしたら、自分にも原因があったのかもしれませんよ。

「彼の言いなりになってちゃダメだよ」「あの男はあなたにふさわしくない」と言われたら、「でも」と打ち消すことはやめましょう。まずは頭を冷やして、認めることが大切です。

「たしかに、何でも言うことを聞いていた」「あのままでは不幸になっていた」と気づくことができます。「でも」と反発している間は、自分を振り返ることができません。認めることで、より幸せな恋愛に近づけます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。