大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月23日更新

「嬉しいけど…」男友達からの告白!友情を壊さないで断るポイント

「嬉しいけど...」まさかの男友達からの告白!友情を壊さず断るポイントとは

仲良しの男友達から突然告白されたら、どう返事をすればいいか戸惑ってしまいますよね。彼の事は友達としては好きだけどそれ以上には思えない時、友情を壊さずに断るポイントを紹介します。

嬉しいという気持ちを伝える

男友達からの告白を断ろうと思っていても、まずは「自分を好きになってくれて嬉しい」、「告白してくれてありがとう」といった言葉を伝えましょう。

彼は一大決心をして告白しているでしょうから、勇気を出して気持ちを伝えてくれた事に感謝するのは、人としてのマナーでもありますよね。また言葉を伝える時の表情も大切で、露骨に迷惑そうな顔をしたり、困った顔をしていると相手にも気持ちが伝わってしまいます。

なるべく普段通りに、いつも接しているよう明るく伝えるのも大事なポイントです。

「友達以上に見られない」と断る

「友達としては好きだけど、男性としては見られない」というのが本音であれば、その旨をハッキリ伝えましょう。

相手を傷つけそうで申し訳ないという思いから、例えば「仕事が忙しくて、今は恋愛できる気分ではない」といった、その場しのぎの言葉で逃げようとすれば、相手は、「仕事が落ち着いたら付き合ってくれるの?」と期待してしまうため、後になって更に断りづらい状況になります。

告白を断る瞬間は確かに辛いですが、本音を伝えられれば後腐りすることはありません。

「これまでと同じような付き合いを続けていきたい」と提案する

告白を断って波風立てずに友達の関係を続けるコツとは、「友達として大好き」ということを伝える事です。勇気を出して告白したものの、フラれてしまった相手にしてみると、今後どんな態度で接すれば良いのかわからないと言うのが本音です。

自分を否定されたようで自信を失っている中、「友達としては好きだから、これまで通りの関係を続けていきたい」と言われれば、ショックな気持ちも多少は和らぎます。人によっては、交際を断られたことにプライドが許せなかったり、好きだから友達関係にはなれないなど、もう関係を終わらせたいと思う人もいるかもしれませんが、それは仕方のない事です。

相手を傷つけないようにするためにも、その後の関係について相手に任せるのではなく、自分から歩み寄っていく姿勢が大切なのです。

後悔しないためにも本心を相手に伝えよう

大切な友達だからこそ、交際を断るのはとても神経を使います。しかし本心を伝えず、のらりくらりとかわしていてもお互いのためにはなりません。

「彼氏としては考えられない、でも友達としては好き」とハッキリ伝えれば、相手にも真意は伝わります。後で後悔しないよう、余計な言葉で逃げず本心をぶつける事が大切です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。