大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月29日更新

返しにくいよ…男性が返事に困る「LINEの内容」4つ

返しにくいよ…男性が返事に困る「LINEの内容」4つ

顔の見えないLINEで、相手への思いやりを忘れてしまっていることはありませんか?
やり取りの中で、実は男性を困らせていることがあるかもしれません。
せっかくLINEでやり取りをするなら好印象を持たれたいですよね。
今回は男性が返信に困るLINEの内容を詳しく解説していきます。

1. 「疲れた、もう嫌だ、しんどい」

学校や仕事で嫌なことがあったときのこんなLINE。
「元気出して!ゆっくり休んでね!」と、何度励ましても立ち直らない愚痴LINEは、見ている相手も気が滅入ってしまいます。

2. 「ふーん」素っ気ない返信

相手からのLINEに、素っ気ない返信をしていませんか?
その後は、なんと返信しようか相手も困ってしまうようです。
相手はもっとLINEしたいと思っていても、何と返信すればいいのか思いつかずLINEのやりとりがそこで終了してしまう可能性も。
文章でのやり取りでも、相手への思いやりが大切ですよね。

3. 日記のような長文で送られてくる1日の出来事

「今日は○○ちゃんと○○に行って…」
長々と綴られる日記のようなLINE。
読むのも大変ですし、なんと返信するべきか悩んでしまいます。
既読無視になる原因かもしれません…。

4. 「ねえ、私のことどう思う?」

自分に自信のある女性は聞きたくなるのでしょうか。
相手の男性も何とも思っていない女性からこう聞かれたら、どんな言葉を返そうか困惑しているはず。
この質問は、相手からの気持ちを確信したときだけにしましょう。

 

あなたも無意識のうちに困らせLINEを送っていませんでしたか?
「もし、こんなLINEが自分が送られてきたら…」と考えると、相手も困っていることに気が付きますよね。
顔が見えないからこそ、思いやりを忘れないように気を付けましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。