大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「浮気相手をやめたい」と言い続け5年経った不倫女子の末路
2021年01月26日更新

「浮気相手をやめたい」と言い続け5年経った不倫女子の末路

「浮気相手をやめたい」と言い続け5年経った不倫女子の末路1

自分の好きな人の一番になりたい。でも彼には本命がいる。じゃあ、浮気相手になるしかない。K子の浮気はそうやって始まりました。

 

K子の彼氏はその後本命の彼女と結婚しましたが、K子との関係は終わらせませんでした。K子は二番手の彼女から不倫相手になり、それでも彼のことを思い続けたのです。付き合い始めてから5年経ったある日、K子は彼に包丁を向けました。彼の奥さんの妊娠が発覚したのです。

 

彼は「結婚は仕方なくするけど、愛しているのはK子だし、妻とはセックスもしていない」と言い張っていたのです。K子は彼を刺しませんでした。ただ、包丁の刃を彼に向けただけです。彼女はその後、彼と別れ、当時を振り返ってこう言いました。「私もすごく傷ついたから、彼も同じくらい傷つけてやりたかった」と。

 

K子は、包丁を彼に向けたとき、「もう浮気相手はやめなければいけない」と悟ったそうです。「あの日が人生で一番犯罪者に近づいた日だと思う」とK子は言います。 

浮気相手をやめたい。気持ちが募って自分や他人を傷つける前に

自分が浮気相手や不倫相手であることに対して、苦しい思いが何もないという人もいるかもしれません。しかし、多くの人は、浮気相手をやめたい、と考えます。浮気相手をやめたいのにやめられなくて、好きなはずの相手に対する憎しみが募ったりもします。

 

浮気相手をやめたいのにやめられず、精神的に病んでしまうこともあります。自分が大好きな人の本命ではなく浮気相手である、という現実は、本人が気づかないところで精神を蝕んでいるケースも多々あるのです。

 

浮気相手でいることで、自分の心を犠牲にしていると感じたなら、浮気相手はやめるべきです。しかし、そう簡単にやめられれば苦労はありません。やめたいけど、やめられない。そんな辛い思いをしている人は多いのです。

浮気相手をやめたい。でもやめられない。どうしたらいい?

「浮気相手をやめたい」と言い続け5年経った不倫女子の末路2

浮気相手をやめる方法には大きく分けてふたつあります。彼の本命になるか、彼との関係を断ち切るか、のどちらかです。

 

まずは彼の本命になるか、彼との関係を断ち切るか、どちらかを選ばなければなりません。苦しい決断になると思いますが、選ばなければ、「浮気相手をやめたい」という気持ちを引きずりながら何年もの歳月を不毛な関係に費やしてしまう可能性があるのです。まずは、決断しましょう。

本命を目指す 

「浮気相手でありながら本命を目指す」ことは難易度が高い行為でもあります。どうしても本命を目指したいなら、できれば一旦、彼との関係を清算した方がいいでしょう。少し離れて、友達などのポジションになってから、本命を目指すというのもアリです。

彼との関係を解消する 

彼との関係を解消する、と決めたなら、きっぱりと別れを告げて、連絡先も削除しましょう。連絡先を削除しても、彼から連絡がきたら嬉しくなって、元サヤに戻ってしまう可能性はあります。それでも構いません。大切なのは、彼との関係を解消する方向に動き出すことです。

 

あなたが本格的に彼との関係を解消する行動をとることで、彼は、「浮気相手のままにしておくと、あなたを失うこと」に気がつくはずです。それでも、彼はあなたを本命にしないのならば、あなたがいくら彼との関係に固執したところで、本命になれる可能性はありません。

 

思い切って関係を解消しようとすることで、彼の本音が見えてくるのです。彼が追いすがってくれたら、とても嬉しいと感じるでしょうが、彼が本命と別れていないならば、ごまかされてはいけません。彼が惜しいと感じているのは、浮気相手としてのあなたであって、本命彼女や妻としてのあなたではないのです。

 

そんなのは耐えられない、というのなら、勇気を出し、彼との関係を解消するべきでしょう。

どうしても浮気相手はやめられない…なら、期限をきめる

彼の本命を目指すにせよ、彼との関係を断ち切るにせよ、どちらにせよイバラの道です。

 

本命を目指すならば、本命になれるまでは、浮気相手のままで辛い思いをすることになりますし、大好きな彼との関係を断ち切るのは困難でしょう。しかし、自分がどうしたいか、彼との関係をどうしていきたいかを決断しなければ、K子のようにズルズルと付き合いが続き、最後には憎しみだけが残ってしまう可能性もあるのです。

 

せっかくなら、大好きな人とは幸せな関係を築きたいですよね。お互いを傷つけるだけの関係は避けたいのならば、どちらの道を選ぶにせよ、期限付きでトライしてみることをお勧めします。

 

半年だけ本命になれるようにがんばってみて無理なら別れるとか、彼との関係を三ヶ月間断ち切ってみるなどを試してみましょう。

 

K子は浮気相手だった5年間を振り返り、「あっという間だった。1年でやめとけば良かった」と言います。「今となってはなんであんなに夢中だったのかわからない。途中から冷静な判断ができなくなっていた」と。

 

浮気や不倫であっても幸せな時間もあるでしょう。でも、時間は有限です。それに、「浮気相手でいる時間が長引けば長引くほど、誰かの本命になれる可能性は少なくなっていく」ということもまた事実なのです。

 

的中率 業界最高クラス

電話占いカリス(PR:Tphereth)

【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 「浮気相手をやめたい」と言い続け5年経った不倫女子の末路
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。