大人女子のためのWebメディア
検索
2021年01月27日更新

「気にしてるのに…!」コンプレックスをいじってくる彼氏への対処法

「気にしてるのに...!」コンプレックスをいじってくる彼氏への対処法3つ

コンプレックスをいじってくる男性っていますよね。よくあるのが、体型や体重を小馬鹿にするいじりです。彼氏にいろいろ言われて、気にしてしまう人もいるでしょう。コンプレックスいじりをやめてほしくても、悪気なくいじる男性もいるだけに、対処に困っちゃいますよね…。

そこで今回は、コンプレックスをいじってくる彼氏への対処法をご紹介します。

真剣な顔で嫌だと話す

真剣な顔で、嫌だ、やめてほしいと話す方法です。喧嘩になるので嫌がる人も多いですが、これくらい真剣にやらないと、男性は罪の大きさに気づきません。小中学生が冗談のつもりで人をいじって笑いを取る、その感覚が大人になっても抜けていないんですね。

笑いながら「やめてよ~」などと言っても、真剣に取り合ってくれません。真剣な態度で、そう言われることは不愉快だとハッキリ伝えることが大事です。

むしろ、それだけ真剣な態度をとっても話を聞かないような人とは別れた方がいいでしょう。相手の気持ちを考えることができない人ということですから。

逆にいじり返す

逆にいじり返して反撃するという方法です。彼氏が怒るかもしれませんが、「先に言ったのはそっちでしょう。私も嫌なの、やめてくれる?」と言って、諭すことができます。

自分が、他人に不愉快な思いをさせたと自覚させる方法ですね。いじられても彼氏が怒らずに笑って済ませることがあるので、必ずしも効果的であるとは言えません。

しかし、人はいじるけど自分がいじられるのは嫌だという、都合がいい思考をしている男性は多いですから、効果が期待できますよ。

「人のコンプレックスをいじる笑いって嫌い」と話す

雑談の中で、「人のコンプレックスをいじる笑いって嫌い」「そんなことする人、無理だな」などと言って、牽制する方法です。彼氏も、彼女が明確に嫌だと言っていたら、いじりをやめようと思うでしょう。

直接的に言われたわけではないので、彼氏が無駄に反論しないというメリットがあります。「人のコンプレックスをいじってもいい」という価値観の人は稀ですから、大体の人はこの発言自体には納得するはずです。

良くないことという意識がつけば、自然といじりも減ります。

 

彼氏がコンプレックスをいじってくるのは、冗談半分であることが多いです。なので、冗談になっていないことをきちんと伝えるようにしましょう!

多少喧嘩ぽくなるかもしれませんが、自分が嫌なことをやめさせるためです。必要なことだと思って、きちんと話し合いましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。