大人女子のためのWebメディア
検索
2021年02月03日更新

実は引かれてるかも…?男ウケしない「LINEのトプ画」の特徴4選!

実は引かれてるかも...?男ウケしない「LINEのトプ画」の特徴4選!

LINEしているときのイメージを左右する『顔』となるのがアイコン。
しかし、設定している画像によっては、男性からドン引きされていることもあるんだとか…。

そこで今回は、男ウケしないLINEのトプ画の特徴をご紹介します。
NG画像を設定していないかチェックしてみて!

1. 原型をとどめていない盛り画像

仲良くなってLINEを交換した相手のトプ画を見ると、怖いくらいに加工された盛り画像だった…。
それは、男性からするとちょっとした事件なんだとか。

たとえ好きになりかけていた女性でも、LINEのアイコンを見て「ないわ…」と思い直すこともあるようです。
不自然すぎる加工を施した写真や、原型をとどめないプリクラなどは、トプ画に選ばない方がいいかもしれません。

2. 露骨なセクシーアピール

胸の谷間を強調していたり、座った状態で真上から自分の脚を写すような写真は、「なんか遊んでそう」と男性から敬遠されてしまいがち。
体目当ての男性が寄ってくることはあっても、真剣に付き合えるような男性には避けられてしまうので注意しましょう。

スタイルに自信があっても、LINEのアイコンではアピールしない方がよさそう。

3. 顔のドアップ

アイコン全体にドアップの顔がドーンと載っているのを見ると、男性はなんとも言えない気持ちになってしまうんだとか。
「自分のことが好きなんだろうな」とナルシスト認定されてしまったり、「いい年して自撮りかよ…」とイタイ女認定されてしまうこともあるので要注意です。

LINEのトプ画はあなたのイメージに関わるもの。
どうしても盛れた自撮りを設定したいときは、胸下あたりまで写っている写真を選ぶようにしましょう。

4. 友達の写りなど気にしないツーショット写真

「自分がかわいく写っている写真をトプ画にしたい」と思うあまり、友達の写りが悪くても気にせず設定してしまう…。
そんな思いが透けて見えてしまうアイコンは、「自己中そう」と男性からドン引きされてしまうんだとか。

また、たまに見かける『化粧っけのない友達&盛れた自分のツーショット』も、男性からは不評のよう。
他意はなかったとしても「友達を引き立て役にしている」と思われてしまうことがあるので気をつけましょう。

 

LINEのトプ画によって、あなたの印象はよくも悪くも変化するもの。
NGトプ画の4つの特徴を避けられるように、アイコンに使う画像はよく吟味して決めてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。