大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • もっといい彼氏をゲットする方法【ひとみしょうの余談ですみませ...
2021年02月08日更新

もっといい彼氏をゲットする方法【ひとみしょうの余談ですみません】

もっといい彼氏をゲットする方法【ひとみしょうの余談ですみません】

今の彼氏よりもっといい彼氏と付き合いたいと思っている女性(彼氏に内緒でひそかにそう思っている女性)もいるでしょうから、今回は、もっといい彼氏をゲットする方法について、一緒に見ていきたいと思います。

わたしたちの恋愛を制限しているもの

もっといい彼氏をゲットしようと思えば、たとえば、「今の自分の恋愛を制限しているもの」について知る必要がありますね。その「限界」を超えれば、「今よりいい」彼氏にめぐり会う(かもしれない)という論法です。

では、わたしたちの恋愛を制限しているものとは、いったい何でしょうか?

答えは「言えなさ」です。

「好き」と「言うことができれば」ふたりの仲は急速に濃密なものになって、付き合えたかもしれない……ですよね?

事実、「理想の」彼氏と付き合っている女性は、「言えた」から付き合えたんです。

「好きです」と言えたから、付き合えた。「わたしエロいんですけど」と言えたから付き合えた。「わたし超年上好きで」と言えたから付き合えた――ということです。

簡単に言えば「言うこと」ができれば、人はあるていど誰とでも付き合うことができるのです。まるっきり無理な相手も、もちろんいますよ。でも、「まずは言う」ことができなかったために、チャンスをミスミス逃してしまったことだってあるでしょう?ということです。

「今」という時

もっといい彼氏をゲットする方法【ひとみしょうの余談ですみません】

では、どうすれば「言うことができる」のでしょうか?

「言える」人は、「どうすれば言えるようになるのか」を、さほど考えたことがありません。山に登って、向こうにいる人に「お~い」と言うように、さらっと、なんの照れもなく言えるんですね。

それって、たとえば、すなおな性格に育ったとか、持って生まれたものがよかったとか、そういうことが理由だったりします。

他方、「言えない」人は、なんらかの照れがあるから言えない。なにか「罪悪感」や「恥ずかしさ」を感じるから言えない、だから「理想の」彼氏が手に入らない。

両者のちがいを考えた時、「今」という時をどう解釈しているのか、という、「その人が生きている前提=あえて言葉にしないこと」が問われる――こう考えることができます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

〜文筆家〜webに恋愛コラムを6000記事以上(ギネス級!)寄稿したweb恋愛コラムの第一人者。獲得PVもたぶんギネス級。コラムの受賞歴多数(小学館『Menjoy!』編集部より)。著書数冊(すべて電子書籍)。哲学者キルケゴールの「不安」や「寂しさ」を20〜30代女性に向けて極限までわかりやすくかみ砕いた「恋愛と人生」の指南書、『自分を愛する方法』を2020年8月中旬発売 FB Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • もっといい彼氏をゲットする方法【ひとみしょうの余談ですみませ...