大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • やきもちで怒った彼と仲直り♡嫉妬ボーイに効果的な謝り方
2021年02月14日更新

やきもちで怒った彼と仲直り♡嫉妬ボーイに効果的な謝り方

やきもちで怒った彼と仲直り♡嫉妬ボーイに効果的な謝り方

男性のなかには、やきもちやきの嫉妬ボーイは多いです。嫉妬が深くなるほど、あなたの行動を束縛してくることもあります。ここではそんな嫉妬ボーイが怒ったときの効果的な謝り方を紹介します。

しっかり男性の気持ちを受け止めて謝る

男性が嫉妬でイライラしている時に「何をそんなにイライラしているの?ひょっとしてこの前のこと?あんなこと気にしてるんだ、ごめんね~。」などと、男性の心の内を知りつつも軽く流すような謝り方は、男性のイライラが増すばかりです。

このような相手の気持ちを受け流すような謝り方はもってのほかです。まずは相手の気持ちを受け止めてあげることから始めましょう。例えば「酔っ払って○○さんとハグしたことに怒っているんだよね?」と、男性の気持ちに寄り添った確認をするべきです。そうすると男性は自分の気持ちを理解してくれていることを嬉しく思い、嫉妬を落ち着かせるよう、気持ちを切り替えやすくなります。

自分に非はなくても、寄り添ったうえで謝意を伝えましょう。「酔った勢いとはいえ軽率だったわ。反省しています、ごめんね。」などと謝れば、彼の怒りは大幅に消えていくでしょう。

客観的な証拠を出して誠意ある謝り方が効果的

男性が嫉妬で怒る最たる例に「他の男性と肉体関係を持った」と誤解しているというものがあります。実際にそんな事実はなくても、類推される行動をつなぎあわせて、勘違いしてしまうこともよくある話です。

こんな時「なんで私を信じてくれないの!」などと逆に怒りをぶつけるのは、ますます彼の怒りを増幅させるだけです。こんな時は男性が何を根拠に怒っているのか細かく聞いて、一つ一つ淡々と説明してあげます。

この時可能な限り、客観的な証拠を提示して説明するのが効果的。そのうえで「勘違いさせちゃってごめんね。」と謝ってあげれば、彼も納得してくれるはずです。

男性への愛情表現を付け加える

嫉妬をする男性は、基本的に自分に自信がないものです。「こんな自分だけれど本当に俺のことを好きでいてくれているのか?」と、どこかで不安を持っています。不安を解消するために「嫉妬」という表現で、女性を束縛しようとする傾向があるのです。

このような状態が続くとお互い疲れてきてしまい、些細なことで喧嘩になることも増えてくるでしょう。喧嘩の度にどちらかが謝るとしても形だけのものになってしまい、男性の嫉妬は増すばかりです。

こんな時はただ謝るのではなく、「今でも大好きだよ、ごめんね。」などと言ってあげましょう。自分の好きだという気持ちを謝る言葉に付け加えることで、男性を大幅に安心させることができます。

 

相手の気持ちに寄り添い、男性の気持ちを受け止めてからしっかり謝ることが大事です。必要な時は証拠を出して、嫉妬の疑惑をしっかり解消した上で、嫉妬させたことについて謝ります。喧嘩の時はただ謝るのではなく、男性のことが好きだということを伝えると大きな効果があります。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • やきもちで怒った彼と仲直り♡嫉妬ボーイに効果的な謝り方
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。