大人女子のためのWebメディア
検索
2021年02月20日更新

「やめときゃよかった…」付き合って後悔した彼女の特徴3つ

「やめときゃよかった...」付き合って後悔した彼女の特徴3つ

せっかく好きな人と付き合っても、すぐに相手に逃げられてしまうことはありませんか?

そこで、大好きな彼氏に逃げられないように、男性がやめときゃ良かった…と後悔する女性の特徴をご紹介します。

束縛が強い

ほかの女の子と話しているのを見て、ふくれるなど少しぐらいのやきもちなら可愛いなと喜びますが、男性は彼女の束縛が強いと辟易してしまいます。

メッセージにすぐに返信がなければ、大量にメッセージを送りつけたり、どこにいるのか確認するためにGPSを使ったりするなどの行動は厳禁です。好きだから相手の行動を把握していたい、気持ちを確かめたいという真意があっても、自由を好む男性からは鬱陶しく思われてしまうのです。

行き過ぎた束縛は相手の心が離れてしまうので、束縛はそこそこに抑えるのが賢明でしょう。

ネガティブなことばかり言う

せっかく楽しい気持ちでデートしているのに、ネガティブなことばかり言う彼女では、気が滅入ってしまいます。

人の悪口や仕事のグチなどを聞いて欲しいという時もあるかもしれませんが、そればかりだと話していてまったく楽しくありません。会うたびにネガティブな気分になるなら、会うのを控えようと思うのは当然の成り行きでしょう。

また、自分の容姿などについて自虐するのも、ほどほどにするのがベターです。相手はあなたのことを気に入って付き合っているのだから、わざわざ自信がない部分をアピールする必要はありません。ネガティブな発言が、何でこんな女と付き合ったんだと、後悔させてしまいます。

男にだらしない

彼氏が仕事で忙しく会えないからといって、他の男性と飲みに行ったり、遊びに出かけたりするのは禁物です。特に、遊びではなく結婚を考えるほど真剣に付き合っている人ほど、男にだらしない女性への幻滅感や嫌悪感は高くなります。

彼氏ができたからといって男友達とのつながりを切る必要はありませんが、彼氏以外の男性と二人っきりで出かけるのは避けた方が良いでしょう。

男にだらしない女という烙印を押されないように、節度を持って行動することが大切になります。

 

男性は見た目で相手を選ぶことが多く、付き合ってから女性の本質を見極める傾向があります。過剰な束縛やネガティブな言動、男好きなどは、付き合ったことを後悔させてしまいます。付き合ったからといって気を抜かず、彼女にして良かったと思われるように節度をもった行動をとるようにしましょうね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。