大人女子のためのWebメディア
検索

ずるい?失恋した彼の心を引き寄せる「慰め」テクニック

ずるい?失恋した彼を慰めて心をつかむ心理テクニック

失恋したての彼にいきなりアプローチなんて…と考えてはいませんか。でも、「鉄は熱いうちに打て」と言うように、失恋直後が一番アプローチにはいい時期とも言えます。失恋中の彼の心を引き寄せるとっておきのテクニックをご紹介します。

肯定は「いいね」ではなく、「好き」を使う

失恋したての時はネガティブになっているものです。そんな時に嬉しいのが「肯定」されることです。自分に対してでさえ否定的になっている彼は、無条件で肯定してくれる存在を求めていることでしょう。

そこで効果的なテクニックが、肯定する際に「いいね」ではなく、「好き」を使うことです。たとえば、彼が「好きな人とはベタベタするんじゃなく、大人の付き合いがしたい」と言ったとします。それに対して、「いいと思う」と言うのは肯定です。しかし、「私も好きだな、その考え方」と言うと、より深い肯定と共感を与えられます。

そして、「好き」という言葉は、失恋中の彼にとって予想以上に響くことでしょう。この時点で少しずつ、「likeではなくlove」を匂わせておくことが大事です。

自分の失恋体験も語り、共感し合う

「わかるよ」や「そうだよね」というありふれた共感を、中身のあるものにするには、自分の過去の失恋を語るのが最も効果的です。できれば、最新の失恋を語るのが効果的です。相手も孤独であり、同じ傷をかかえているということが分かれば、彼の閉じていた心にも少し隙間が生まれることでしょう。そうすれば、自然に今の気持ちを話してくれるかもしれません。

この時、元カノや好きだった人のことを否定したり、「私なら」などと持論を展開するのはNGです。いくら別れたとは言え、一度愛した人を悪く言われると、自分の価値観まで否定されたような気になるからです。

アドバイスのつもりでも、彼にとっては傷をえぐるナイフのような言葉になりかねません。交際時のことなどは彼が自発的に言い出さない限り話題にしない方が良いです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter