大人女子のためのWebメディア
検索

「友達としてしか見れない…」諦めきれない振られた恋の最後のアピール法とは?

「友達としてしか見れない...」諦めきれない振られた恋の最後のアピール法とは?

大好きな人から「友達としてしか見れない」と言われたら、諦めるしかないのでしょうか?

確かに諦めた方がいいこともありますが、まだチャンスがなくなったわけではありません。うまくやれば、彼の気持ちが変化する可能性はあるんです! そこで「友達としてしか見れない」と言われたときの対処法を紹介します。

異性として意識させる

「友達」としてしか見れないということは、異性として見れないということを意味します。もしも異性として意識しているなら、そのような回答はしないでしょう。

男性の方が、女友達を異性として意識しドキッとすることが多い傾向にあります。それにもかかわらず、友達としてしか見れないのは、異性として意識する行動や出来事がないのでしょう。

相手に異性として意識させるように、いわゆる女性らしい仕草を取り入れたり、話すときにスキンシップするなど、少し工夫してみましょう。

相手の好きなタイプを取り入れ、イメチェンする

相手男性の好きな女性のタイプにイメチェンする方法です。イメチェンは今の関係を変化させるには効果的な方法です。今のままだと友達としてしか見られないわけですから、イメージを変えれば相手からの印象を変えることができるかもしれません。

でもどうせイメチェンするなら、相手の好みに寄せた方がよいでしょう。無理しないでちょっと好みを取り入れるくらいで大丈夫です。むしろ完全に合わせると、警戒されることもあるので気をつけてくださいね。

強引に迫らない

振られたからといって、強引に付き合うように迫るとか、相手を責めるといったことはやめましょう。相手にも自由がありますし、友達としても関わりたくないと思われるリスクがあります。

今の関係を変えないといけないのは間違いありませんが、相手に変化を求めるのではなく、自分自身が変化することで、相手の気持ちを変えていきましょう。

相手の男性にとって今の自分には何が足りないのか、どういう女性なら恋愛対象と思われるのか、考えて行動することが大切です。

 

「友達としてしか見れない」と言われても、チャンスはゼロではありません。ただし、いばらの道と言うくらい苦労が伴うのは間違いありません。よく考えたうえで、このまま突き進むのかどうするのか決めてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。