大人女子のためのWebメディア
検索
2021年03月23日更新

安心させてくれる!毎日連絡してくれる彼氏の選び方

「もっと連絡してほしい!」の願いが叶う【彼氏の選び方】

彼氏に対して、連絡の頻度を不満に感じる女性は多く、何しろ男性は女性ほどLINEがマメではありません。しかし、女性がその不満を伝えると衝突しやすく、この先付き合っていくのが面倒に思えてしまう男性も少なくないでしょう。では、彼氏に対する“もっと連絡してほしい気持ち”は諦めるしかないのでしょうか。

いえいえ、そんなことはありません。たくさん連絡してくれる彼氏と付き合いたいなら、たくさん連絡してくれる男性と付き合えばいいだけ…今回はそのための彼氏の選び方をお伝えします。

恋愛スタイルを変えて、連絡してくれる彼氏を作ろう

女性には、それぞれ自分の恋愛のスタイルがあります。付き合う男性のタイプ、付き合い方、デートに対するこだわりなど、様々な恋愛スタイルがありますが、これらに変化をもたらせば「連絡してくれる彼氏」を作ることが可能です。

付き合った途端に連絡のマメさがなくなる男性が多い中、変わらず連絡してくれる男性を彼氏にするには、自分の恋愛スタイルに次の2つのことを組み込んでください。

(1) “追われる恋”をする 

“追う恋”と“追われる恋”で比較した場合、彼氏がマメに連絡してくれる確率が高いのは、“追われる恋”が圧倒的です。これは「追われる恋=愛される側」と解釈すると分かりやすく、彼氏が愛する立場になることで女性を大切にしてくれます。

好きな人にたくさん連絡したいと思うのは男性も同じこと、そのため追われる恋をして女性が愛される立場になれば、彼氏からの連絡の頻度はおのずと高くなるでしょう。

(2) “なかなか会えない男性”と付き合う 

男性が彼女にマメに連絡しない理由の一つとして、“いつでも会えるから”が挙げられます。つまり、男性はいつでも会えるから頻繁に連絡する必要はないと思っているのですが、それならいつでも会えない…すなわち“なかなか会えない男性”と付き合うのも一つの方法でしょう。

男性は、会う機会が少ないほど会えない時間でも彼女の存在を感じたくなるため、そうなれば連絡の頻度も高くなります。

心理的な要素から、連絡してくれる彼氏を作ろう

「〇〇してほしい彼氏を作りたい」と思うなら、心理的な要素を絡めて考えると願いが叶いやすくなります。では、早速「〇〇」に「たくさん連絡」を当てはめて考えてみましょう。

この場合、ポイントなるのは“男性が彼女に連絡する心理”と“男性が彼女に連絡しない心理”。ロマンチックな恋愛観を捨て、“心理”という現実的な部分に注目することで、たくさん連絡してくれる彼氏の選び方が分かります。

(1) 電話ができる男性と付き合う 

男性がLINEを面倒に感じるのは、スマホを操作するのが面倒だからです。特に、指の大きな男性だと文字の入力がしづらく、いくら大切な彼女とのLINEでも面倒な気持ちが勝ってしまいます。

そこで、電話ができる男性と付き合うことを考えてみてください。電話ならLINEのような操作も必要としないため、“面倒”という心理が働かないのです。いくらLINEが主流とはいえ、LINEよりも電話を好む男性はまだまだいるでしょう。

(2) スマホのゲームで遊んでいない男性と付き合う 

彼女とのLINEはある種の暇つぶし、これは女性に失礼な意見ですが、実際に見たいテレビややりたいことがありながら、それを我慢してLINEする男性は少ないでしょう。

つまりLINEはやることがない時の暇つぶしとしての一面もあり、そこでライバルとなるのがスマホのゲームです。スマホのゲームで遊ぶ男性だと、暇つぶしをゲームに費やす可能性が高く、そう考えるとゲームで遊んでいない男性と付き合うのも一つのアイデアです。

 

頻繁に連絡してくれる男性と付き合うには、そもそも男性が連絡したくなる状況を作ることが大切です。そのためには、「追われる恋をして、愛される立場になる」・「なかなか会えない男性と付き合う」が効果的。

さらに、“LINEの操作が面倒・LINEは暇つぶし”などの心理面を考えると、「電話できる男性と付き合う」・「スマホゲームで遊んでいない男性と付き合う」のような独特のアイデアも浮かびます。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。