大人女子のためのWebメディア
検索
2021年06月14日更新

LINEはすぐに返しちゃダメ?しばらく放置が正解なLINEとは

【LINEはすぐに返しちゃダメ?】しばらく放置するべきLINEとは

LINEは読んだ時点で既読が付くので、恋人からのLINEはすぐに返さないといけないような義務感がありますよね。しかし、LINEの内容によっては「しばらく放置するべきLINE」や「あえて放置すべきLINE」もあることを知っておきましょう。

LINEを放置する大切さ

LINEをすぐに返さなくてはいけないような気がしてしまうのは、相手の機嫌が悪くなってしまうのが怖いからです。返信がないと彼氏の気持ちが離れてしまうのでは…とつい不安になってしまいますよね。

しかし、すぐに返さなければいけないというプレッシャーを受けている時点で、自分が彼氏との間に対等な関係を築けていないことを自覚しなければいけません。

しばらくLINEを放置したり、あえて放置したりするのは、長期的に見て彼氏とより良い関係を作るためにも実は欠かせないことなのです。

LINEの放置は意味あるメッセージ

LINEの放置は、相手に言葉ではないメッセージを送ることになります。既読がつくのは相手にもわかるので、返信ができないのには何か理由があると思わせられますよね。

そのため、返信ができない理由を相手に感じさせたいときには、あえてすぐに返信をしないのが良い方法。メッセージは時として言葉で伝えるよりも、何も伝えない方が相手により伝わることもあるのです。

しばらく放置するべきLINE3選

(1) 自己中心的なタイミングのLINE 

LINEをしばらく放置すべきケースとして最も典型的なのは、自己中心的なタイミングのLINEです。相手が都合の良いタイミングであっても、自分にとっては最悪なこともありますよね。

仕事をしている最中だったり、ちょうど寝ようとしているときだったりすると、返信をするのが厄介だと思うはずです。このようなタイミングの悪いLINEはしばらく放置して、こちらにも都合があることを相手に察してもらえるようにしましょう。

(2) やたらに長いLINE 

内容がやたら長いLINEも、しばらく放置してから返信した方が良い結果になりやすいです。基本的に長文は相手が何か伝えたいことがあったり、考えて欲しいときに送ってくるLINEなので、すぐに返信をするよりも、少し時間を置いた方が真剣に受け止めた感が増します。

また、しばらく放置することで不安に思った相手がLINEを見直してみて、「長すぎたかも…」とLINEを改善してくれる可能性も高まります。

(3) 内容がないLINE 

内容がなくて返信をするのが難しいLINEは、ずっと放置するのが適切。相手が「返信が来ない…」と見直してみたときに放置の理由に気づきやすくなるので、追いLINEが来るまで待つでもOK。

LINEはコミュニケーションだと認識してもらって、意味のあるやりとりを続けられるようにするためのコツです。

既読スルーのメッセージを伝えよう

LINEはすぐに返信をすべきだと思い込みがちですが、相手の都合を考えていないLINEや、中身がなかったり、やけに長いLINEは、しばらく放置して相手に無言のメッセージを伝えるのもひとつの方法です。既読スルーを有効活用して、より良い関係を作っていきましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。