大人女子のためのWebメディア
検索
2021年03月01日更新

「ねえもっかいしよ…?」何回だってしたくなるキスとは

「ねえもっかいしよ...?」何回だってしたくなるキスとは

キスは恋人同士の大切なスキンシップ。
回数が増えれば、それだけ仲も深まるものです。

今回は、彼が何度もしたくなってしまうような素敵キスのやり方について解説します。
キステクを学びたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

1. キス前にうっとり見つめ合う

彼が夢中になるようなキスがしたいなら、まずはムードを盛り上げることから始めてみましょう。
今にもキスしそうな距離まで顔を近づけて彼の目を見つめれば、お互いのドキドキを最高潮まで高めることができますよ。

余裕があれば、間接照明やキャンドルでムーディーな空間を作って楽しみましょう。

2. 唇にキスする前に焦らす

焦らされてからしたキスは、1回だけでは足りずに何度もしたくなるもの。
本格的にキスをする前に、焦らしテクを挟みましょう。

焦らすときには、鼻同士をくっつけ合ったり唇付近の頬にキスをしたりと、いつでもキスできる距離感でスキンシップをとるのがポイントです。
キス欲を爆発寸前まで高めてからキスをすれば、彼はもう止まらなくなってしまうはず♡

3. 変化をつけたキスを

いくら雰囲気を盛り上げても、キス自体が単調では「もっとしたい」という気持ちにはなりません。
キスの仕方にも変化をつけて、ずっとしていたくなるキスを目指しましょう。

まずは軽いキスから始めてディープキスへ…という流れだけでなく、たまに甘噛みや舌先で彼の唇をなぞったりする遊び心も取り入れてみてくださいね。

4. キスの合間には愛を伝えて

キスはカップル同士の愛情表現。
言葉でもしっかり愛を伝えて幸せな余韻を楽しめば、彼も「もっとキスしたい」と感じるはずです。

キスの最中に気持ちが昂ってきたら「好きだよ」「愛してる」とストレートに愛の言葉をささやきましょう。
キス中に愛を確かめ合えば、きっと彼との仲もより深まりますよ。

 

甘い雰囲気を大切にして思いっきりイチャイチャするのが、男性を虜にするキスのポイント。
彼とふたりきりになったときにぜひトライしてみてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。