大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • そろそろ現実を見て!いつまでも「恋に恋している人」の特徴
2021年06月16日更新

そろそろ現実を見て!いつまでも「恋に恋している人」の特徴

そろそろ現実見て!いつまでも「恋に恋している人」の特徴

恋に恋をするのは悪いこととはいえませんが、いつまでたってもその状態では、恋愛で幸せを手に入れることはできません。

また、実は恋に恋している状態は、自分では気づきにくいこともあります。他人の恋のアドバイスはできるのに、自分のこととなると冷静に見られなくなるのが良い例でしょう。

恋に恋している人の特徴をチェックして、もし自分が当てはまっていると感じたら恋に恋する乙女の卒業を目指しましょう。

1. 「努力しない恋」を夢見てしまう

恋に恋している人は、自身の理想の恋に執着があります。特にどうしても夢見てしまうのが、努力しないで手に入る恋。『白馬に乗った王子様が私を迎えにくる』を信じている女性はさすがにいなくても、もしかしたらイケメンに告白されるかも…といった淡い希望を抱いている女性はいるはず。

イケメンや高収入男性など見栄えの良い男性を求めるなら、自分もそれ相応の苦労を背負う必要があります。自分が努力する必要があることにも気がつければ、恋に恋する状態は卒業できます。

2. 付き合う前の「恋の駆け引き」が大好き

恋人になる前は、話しかけて仲良くなって、一緒にデートして、告白して…といろいろな段階がありますよね。恋の始まりでは特に彼から返信がきたーっっ!と、些細なことでも胸がときめくことが多いです。

実際に付き合うよりも、その恋の駆け引きの方が楽しいと思えてしまうときは、恋に恋している状態です。実際に恋人同士になってからはすぐにマンネリ化することが多い女性は要注意。

恋に恋した状態で彼と付き合うことになっても、すぐに飽きてマンネリ化してしまい、あっという間に破局してしまうことも多いのです。

3. イベント時期に恋をしがち

クリスマスや誕生日など、恋人たちにとって大切だといえるイベントが年に何回かありますよね。その大きなイベント前になると恋人が欲しくなる人は、期間限定でイベントを楽しむために恋をしている気になっている可能性が高いです。

『恋人という特別な存在とイベントを楽しんでいる自分』といったシチュエーションが欲しいだけで、そのイベントが終わったらサッと恋心が冷めてしまうこともあるでしょう。

自分の気持ちを見つめ直すことが大切

つねに自分が楽しむことだけを考えている人は、恋に恋をしているだけの可能性があります。

恋愛は相手と一緒に二人で関係を築いていくものです。自分自身も努力する必要がありますし、相手を思いやる気持ちも大切です。

もしも、恋に恋している状態が自分も当てはまると感じたときは、まずは恋に恋していることを自覚し、自分の気持ちを整理して、本当に自分が求めているのは何なのかを考えてみることから始めてみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • そろそろ現実を見て!いつまでも「恋に恋している人」の特徴
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。