大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 本命にしかしません!好きな女性の「名前の呼び方」3パターン
2021年03月04日更新

本命にしかしません!好きな女性の「名前の呼び方」3パターン

本命にしかしません!好きな女性の名前の呼び方3パターン

「自分は彼からどう思われているんだろう?」

相手への気持ちが強いほど気になってしまいますよね。

実は、男性は好きな女性にだけにする「名前の呼び方」があるんです。

彼が普段してくれる呼び方から、あなたへの気持ちをチェックしてみましょう。

定番のものからちょっと意外なものまで紹介します。

下の名前に「さん付け」

男性は、もっと親しくなりたい女性に対しては、下の名前で呼ぶ傾向が強まります。

それは、その女性を「特別扱い」していることを、その女性はもちろん、周りにアピールしたいという心理があるからです。

ただし、その男性が誰にでも下の名前で呼んでいる場合は該当しません。

 

ポイントは、名前に付けられた「さん」です。

なぜ「ちゃん」ではなく「さん」なのかというと、「目線」を合わせられるからです。

「ちゃん」では、どちらかというと年下の、妹のようなポジションに落ち着いてしまいます。

しかし「さん」なら、対等に「大人として向き合う」という誠意を感じますよね。

その「好き」が「Like」なのか、「Love」なのかを見極めるなら、このように「誠意」の有無にも着目すべきでしょう。

突拍子もない「あだ名」

男性というより「男子」は、女子にいじわるがしたくなるものです。

特に自分の好きな女の子に、それは顕著ですよね。

その生態は大人になれば落ち着くとはいえ、やはり男性は「男子」なのです。

好きな女性に対しては、変わった「あだ名」を付けて、愛着を持っているということをアピールしたがります。

それは、「その女性とだけ共有できる」ものでもあります。

他の人が聞いても頭をひねるようなものでも、2人には分かるような名前なら、それはちょっとひねくれた「愛情表現」と言ってもいいかもしれません。

ヌレヌレ


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 本命にしかしません!好きな女性の「名前の呼び方」3パターン
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。