大人女子のためのWebメディア
検索
2021年03月04日更新

秘訣はコレです!ラブラブカップルの「長続きのコツ」3つ

彼のことも彼女のことも、お互いに大好きだなんて、とっても素敵な関係ですよね!
ふたりがいつまでもラブラブなカップルでいられるコツはあるのでしょうか。
もちろん、ふたりでいるときのお互いの気遣いも大切ですが、もうひとつ、ひとりの時間を持つということもポイントです。
ラブラブを維持するための秘訣を考えてみましょう。

1. 正直に話し合える関係づくり

付き合っている間に悩みができることもあるでしょう。
そんな時、変に隠したり、相手に気を遣ってひとりで抱え込んでいると、付き合いもぎくしゃくしてしまいがち。
悩みができたら、正直に相手に打ち明けて、お互い誠実に話し合うことです。
お互いが信頼しているからこそ本音を話し合えるのですから、悩みが深くなる前にふたりで話し合い、解決すること。
誠実さがあれば、喧嘩になったとしてもきっといい解決法が見出せます。

2. ときどきはロマンチックに

付き合いが長くなると、夫婦のような家族のような関係になってしまい、ロマンチックな雰囲気がなくなってしまいがち。
そういうときには、あえて初心にかえって、ドキドキ、ワクワクのあるデートで「お互いに異性として好き」という気持ちを再確認しましょう。
マンネリになる前に、出会ったときのような新鮮な気持ちを常に思い起こすことが、ラブラブでいられる秘訣ですよ。

3. ひとりの時間を大切にする

大好き同士だからといって、いつもいつも一緒にいることがラブラブを維持できるかというと、そうでもありません。
相手のことを本当に思いやるためには、お互いがひとりの時間を作ることが大事。
友達と会ったり、自分ひとりで何かをしたりする、誰にも邪魔されない時間があればこそ、ふたり一緒の時間も充実したものになります。
相手が自分のものだからと、すべてを束縛したら息苦しさだけが増しますよ。
いい関係を保つためには、適度な息抜きも必要なのです。

 

ラブラブカップルでい続けるために大切なのは「いつも一緒にいること」ではありません。
むしろ「個人の時間を大事にすれば、常にふたりの時間も大切にできるようになる」というのが正解です。
お互いに飽きてきたら、少し会わないようにして、ふたりにとってのちょうどいい距離感を調整してみましょう。
少し離れてみることで、きっと相手の良さが再確認できて、本当に手放してはいけない相手だと実感できますよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。