大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 好かれたら冷めちゃう…?!男性の「カエル化現象」が起こる理由
2021年03月16日更新

好かれたら冷めちゃう…?!男性の「カエル化現象」が起こる理由

好かれたら冷めちゃう…?!男性の「カエル化現象」が起こる理由

皆さん、「カエル化現象」をご存知ですか? 好きだった相手と両思いになった途端に、相手を気持ち悪く感じてしまう現象のことです。主に女性に起こることが多いと言われており、経験があるという方もいるのではないでしょうか。

男性はと言うと、「カエル化現象」が起きることは少ないようです。しかしながら、中には両思いになった途端に相手に嫌悪感を覚える男性もいます。どうしてそんなことが起きてしまうのか?男性の「カエル化現象」が起こる理由を解説します。

自己評価が低すぎるから

自己評価が低すぎると、「カエル化現象」が起きやすいです。自己評価が低すぎる故に、「こんな自分を選ぶとか、相手はどうかしている」とひねくれて考えてしまうためです。人に好かれたいという気持ちはあるものの、いざ好かれると、変に冷静になってしまい、カエル化現象になってしまいます。

片思いのときは、ある意味盲目になっている状態で、気持ちが浮ついています。自分の意識が相手に向いているので、まだ大丈夫だったんです。

しかし、両思いになって目的を達成してしまったことで、気持ちが落ち着き、自分にも目を向ける、つまり自己評価が低い自分を意識してしまうことになり、そんな自分を好きになった相手のこともネガティブにとらえ、気持ち悪くなります。

温度差が出るから

男性は、女性を落とした瞬間が気持ちのピークだとよく言われます。なので両思いになって付き合い始めると、気持ちが冷めそれまでのように夢中にならなくなるんです。ゲームをクリアしたような気持ちになって、興味が減ってしまいます。

カエル化現象はもう一歩進み、その冷めた状態で相手を見て「なんでこんなに、この人は浮かれているんだろう」「自分に媚びてきているみたいで、気持ち悪いな」などと思ってしまいます。

冷静になったことで温度差が生じ、浮かれた相手を見て気持ち悪く感じるわけです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 好かれたら冷めちゃう…?!男性の「カエル化現象」が起こる理由