大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 浮気バレしちゃった…彼氏とやり直したいならするべきこと3つ
2021年03月09日更新

浮気バレしちゃった…彼氏とやり直したいならするべきこと3つ

浮気バレしちゃった…彼氏とやり直したいならするべきこと3つ

魔がさしてしまったり、寂しさをどうしても自分だけで解消できなかったり、色々な理由で浮気に走ってしまうこともあると思います。

それが彼氏にバレてしまったのなら修羅場にもなるでしょうし、たくさん後悔をすることでしょう。

『なんであんなことしたんだろう』と思っても後の祭り、やってしまったことは取り消せません。

今回の記事では、恥ずかしながら過去に恋人から浮気された後に再度交際した経験のある男性筆者が、”浮気バレした後に彼氏とやり直すためにすべき3つのこと”をお話しします。

浮気の経緯を話す

浮気をされた側の心理からすると、『どんなことが起こっていたのか分からない』というのって結構モヤモヤするポイントなんですよね。

相手がどうして浮気したのか想像して苦しむくらいなら、いっそのこと浮気に至った経緯や会話のやりとりなどを全部説明してくれた方が気が楽なのです。

ただし、「誰とどうなったかなんて知りたくない!」という男性もいると思うので、あらかじめ「詳しく説明した方が良いですか?」と聞いておきましょう。

これはあくまでも筆者の体験ですが、「飲み屋で飲んでて」とか「〇〇が帰っちゃって二人になって」みたいな詳しい話を聞いておいた方が、その瞬間はめちゃくちゃ嫌なんですが、後々怒りの感情を処理しやすくなります。

自己分析をする

ここが一番重要なポイントです。

浮気をされた側が”やり直すかどうか”を判断するポイントは、結局のところ『本当にもう二度とこの人は浮気をしないのだろうか?』という疑問を解消できるかどうかです。

そしてその疑問を解消するためには、浮気した側が”なぜ自分は浮気したのか?”を自己分析できていなければ話になりません。

寂しさからなのか、自分の性格に問題があるのか、彼氏への八つ当たりだったのか、浮気をした理由を自分で分かっていなければ「もうしません」という言葉にはなんの重みもなくなってしまいます。

しっかりと自己分析をした上で、「〇〇だったから浮気してしまったんだと思う。反省します。」と彼に伝えましょう。

その話に説得力があり今後関係を修復できそうだと判断してもらえれば、もう一度やり直してもらえる可能性も高くなります。

基本は連絡を待つ

やり直せるのかどうかがまだ決まっていない状態の時、不安から謝罪のメールを何度も送ってしまったり、「もう一度話したい」と連絡したくなるのは分かります。

でも、浮気された側はされた側で心の整理をしなければなりません。

基本的には自分から何度も連絡するのは止めて、相手からの返事を待つようにしてください。

ただし、あまりにも時間が空くようなら一度自分から連絡を入れてみましょう。

連絡がないまま時間があきすぎても「やり直したいのに自分からは何もしないの?」と言われてしまうかもしれません。

もしくは、「伝えたいことは伝えたので、後は返事を待ってます」と伝えても良いかもしれませんね。

とにかく相手に更なる精神的苦痛を負わせないように、それを意識して行動してみてください。

 

今回はちょっと重い内容になってしまいましたが、『浮気がバレてしまった』と焦っている人にとっては参考になるのではないでしょうか。

大切なのは「もうしません」という言葉にどれだけ信憑性を持たせられるかと、相手の精神的苦痛を少しでも減らす努力をすることです。

彼への気持ちが本物で、心から反省をしているのならその気持ちはきっと届きます。

是非今回の記事を参考に、行動してみてください。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

悩んで苦しむ時間が大嫌い。だからこそ、嫉妬や依存に苦しまない方法、愛される、モテるための方法を徹底的に確立しました。その方法を記事にまとめて、悩んでいる女性に届けたい。そんな気持ちで配信していきます。

この記事に関するキーワード

  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 浮気バレしちゃった…彼氏とやり直したいならするべきこと3つ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。