大人女子のためのWebメディア
検索
2021年03月17日更新

その冷たさがクセになる?塩対応男子の愛情表現

その冷たさがクセになる?塩対応男子の愛情表現

大好きな彼女にも、つい塩対応をしてしまうシャイな男子もいます。

素直に気持ちが表せないからといっても愛情に変わりはありません。

そんな塩対応をしてしまう男子の愛情表現についてご紹介しましょう。

彼女を優しい目で見ている

塩対応しがちな男子は女性を褒めることがとても下手な場合も。

そんな褒め下手男子は、甘い言葉や愛情を言葉で表現することがなかなかできません。

そのため急にキスをしたり、肉体関係を要求してしまうことも。

でもそんな男子はとても優しい目つきで彼女を見つめているのでは?

シャイな男子も、本当は彼女を愛しく思っているのです。

LINEは短いけどあったかい

塩対応しがちな男子は、LINEでもあっさりしている場合が多いようです。

しかしそのLINEの内容には、一カ所キラリと光るような優しさを感じるところがある場合も。

女性をとろけさせるような言葉ではありませんが、ちゃんと彼女のことを気にしていると感じさせる一言があるのです。

はっきりした愛情表現は下手でも、彼女への思いやりが見逃しそうな一言に込められているのです。 

酔うとストレートな愛情表現も

塩対応男子はとても理性が強いので、なかなか理性を崩すことができず愛情表現も上手くはありません。

でも、そんな男子もアルコールが入ると急に距離が縮むことがあります。

ちょっと酔っている時には、意外にも愛情表現の言葉や態度を見せてくれることが多いです。

慣れてくるとそのギャップが魅力的に感じることも。

アルコールを入れれば本気の気持ちが聞けるので、彼女としては逆に扱いやすいかも知れませんね。

 

塩対応男子は口下手なところやシャイなところに慣れれば、普段は冷たい印象でもその裏にある優しさや愛情をより魅力的に感じるという女子も多いのではないでしょうか。

甘い言葉を言うことが上手な口先男子よりずっと信頼ができるかもしれませんね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。