大人女子のためのWebメディア
検索
2021年03月11日更新

そろそろかな…!男が告白を考える4つの瞬間

そろそろかな…!男が告白を考える4つの瞬間

「仲のいい女友達から、彼女候補に格上げだな」「そろそろ付き合いたいし、自分から彼女に告白しようかな…」
男性がそんなことを思うタイミングとはどんなときなのでしょう。
女性からすると、男性から告白してほしいと思うものの、実は臆病でなかなか言い出しづらいのが男性の本音だったりもします。

そんな男性が女性への告白を考える瞬間はどんなタイミグなのか見ていきましょう。

これ以上「好き」が隠せない

表面上は「単なる女友達」として接しているけれど、存在が「女友達以上」になってきて、これ以上好きだという気持ちを隠すのがツライ。
そんな気持ちになったときには、男性は告白することを考えます。
彼女に彼氏がいないことは知っているものの、誰かに取られるのが嫌だと思ったら、男性にとってはそれが告白するタイミングなのです。

多分両想いだという確信がある

その女性のことが好きなんだけど、好きだと言い出せない…。
男性は基本的に臆病なので、負けるとわかっている戦いに挑みたくはないのです。
そんな彼の心のブレーキが外れる瞬間は「相手の女性もたぶん自分のことが好き」つまり両想いだろうという確信が持てたとき。
「付き合って」と言ったら、相手が受け入れてくれそうな雰囲気があれば、男性は告白を決意できます。

めちゃくちゃ気が合う

とにかく話が合うし、この女性に話せば、自分のことをなんでもわかってもらえる安心感がある。
そんなことを感じる相手に出会ったら「告白しなくちゃ!」と男性は思うものです。
仕事でも普段の生活でも、自分の味方でいてくれる存在がいれば、強く生きていけると思っている男性は多く、自分のことを理解してくれて励ましてくれる女性なら、すぐに付き合いたいと思うのです。

ふたりでいると落ち着く

女性の優しさや笑顔…とにかく近くにいてほしい、ふたりでいると落ち着くと思った瞬間も、男性が考える告白のタイミング。
ふたりでいることが自然で、気持ちも落ち着く相手は、なかなか出会えないものです。
そういう女性が見つかっても、女性が彼氏持ちだったりする場合だってあります。
そんな中、お互い相手がいなくて、ふたりでいる時間が居心地がいいとわかれば、男性はその女性と「つきあいたい」と思うのです。

 

この人が運命の人かも!と思えるような相手と出会えること自体、運命的だし嬉しいこと。
ただ、「別の女性も気になる」なんて感じにふわふわしている状態だと、まだ「告白しよう」とはなりません。
「今告白しないと、他の男性に取られてしまう!」「大好きだと思う気持ちを、どうしても今伝えたい!」という、突き動かされるような衝動が、男性からの告白の起爆剤になります。
どんな男性でも、告白するときは勇気が必要なもの。
告白されたら茶化さないで、彼の勇気をぜひ受け止めてあげてくださいね。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。