大人女子のためのWebメディア
検索

男が「本気で好きな女性」にしかしないスキンシップ

本心が読み取れる?!男が「本気で好きな女性」にだけにするスキンシップ

男性の中には、女性に対してスキンシップをしてくる人も多いですが、実は「本命女子」にしかしないスキンシップがあります。そこで今回は、「本気で好きな女性にしかしない男性のスキンシップ」を紹介します。

1. 肩に触れるようなスキンシップ

男性が、本命女子にしかしないスキンシップとしては、頭を撫でたり触るという行為が代表的ですが、実は頭だけではなく「肩」に触れる行為も本気で好きな女性にしかしないスキンシップです。

仕事などで疲れている時に、背を伸ばしたり肩を揉んだりしていると、「お疲れ様」と彼が肩を揉んでくることがあれば、これは心からの労わりを表現しているスキンシップで、本当に思いやりたいと感じる相手でないとしません。

肩を揉むまでいかなくても、擦ってくれたり肩に手を置いて話しかけてくれるようなスキンシップをしてくれるのであれば、その男性にとっての本命女子である可能性が高いです。

2. 手を差し伸べてくる

足元の悪いところや段差のあるところなど、ちょっと転んでしまいそうなところで手を差し伸べてくれる場合、その女性は男性にとって本命の相手である可能性が高いです。

例えば、相手の女性が取引先の相手であったり元々男性が紳士的である場合は、本命でなくても手を差し伸べることがあるかもしれませんが、些細なところでもやってくれるのは本当に好きな相手に限定されています。ほかにも車の乗り降りでドアを開けてくれたり、お店の入り口を開けてくれるなどの行為も、相手のことを本当に大切に思っていなければ、なかなかできない行為ですよね。

これらのスキンシップを、プライベートでもやってくれたり、そのまま手を繋いでくれるのであれば、本命である可能性がさらに高くなります。

3. 包み込むようなハグ

スキンシップが大好きな男性の中には、好意を持っていない女性相手でもハグをすることがありますよね。ただ好意を持っていない女性に対しては軽いハグで終わらせることが多く、すぐに離れてしまうことが多いです。

それに対して、本当に好きな女性に対してのハグは、優しく体を包み込むような愛情を感じられるものになります。付き合っていない状態ではなかなか恥ずかしくてできないという男性も少なくありませんが、何らかの出来事で感情が込み上げてくると、思わずハグしてしまうなんてことがあるかもしれません。

そのような時は優しく抱きしめ返して、反応を見るのもありです。

 

男性は本当に好きな女性に対して、少しでも触れたい、もっと一緒にいたいと感じていても、なかなか口に出せない人が多いですよね。ただ口に出せないだけで、「好きだ」という気持ちは抱え続けているため、一見カジュアルに見せるようなスキンシップでさり気なく触れたいという気持ちを満たしているのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。