大人女子のためのWebメディア
検索
2021年03月18日更新

もう思ってないから…?男性が彼女に「好き」と言わなくなる理由

もう思ってないから...?男性が彼女に「好き」と言わなくなる理由

彼がいつからか「好き」と言ってくれなくなって、悩んでる人もいるのではないでしょうか?最初は好きと言ってくれていた彼が言わなくなると、すごく不安ですよね。その理由が知りたくなります。

あれこれ悩む前に、男性心理を理解することも大事です。男性が彼女に「好き」と言わなくなる理由を一つずつ見ていきましょう。

もう言わなくてもわかると思うから

もう言わなくてもわかると思うから、好きと言わなくなったという理由です。言わなくても心で伝わると思っているわけですね。決して好きがなくなったわけではなく、「わざわざ言う必要」がなくなったと判断しているわけです。

もう自分が彼女を好きな事は伝わっただろう、だから言わなくていいと思っているわけです。彼には、言葉にしてくれないと不安になると言えば、きっと理解してくれるはずです。

逆に言えば、女性から「言葉にしてくれないとわからない」と言わないと理解されません。責めないように伝えることが大事です。

気持ちが落ち着いたから

付き合う前や付き合ったばかりのときは、好きという気持ちでいっぱいになるので、好きと言っていました。しかし、気持ちが落ち着いてくると、そこまで好きでいっぱいにならないので、好きと言わなくなるというわけです。

決して好きでなくなったわけではなく、「気持ちが安定してきた」と思ってください。段々と、「家族のような安心感」といった感情が強くなっているわけです。大事に思っているのは確かなので、不安にならなくても大丈夫です。

このパターンの場合も、不安だったら話してみるといいでしょう。たまにでいいから「好き」と言ってくれると嬉しいと伝えれば、きっとわかってくれます。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式InstagramGrapps公式Twitter