大人女子のためのWebメディア
検索

最近冷めてきた…?「ラブラブ度低下中」のカップルが取り組みたい挽回作戦3つ

最近冷めてきた...?「ラブラブ度低下中」のカップルが取り組みたい挽回作戦3つ

最初はラブラブなカップルでも、付き合いが長くなってくるといつしか「新鮮味」を失ってしまうのはよくあることです。そこで今回は、ラブラブ度が低下してしまったカップルが取り組みたい「ラブラブ復活」の3つの秘訣をご紹介します。

無理に相手と過ごそうとしない

無理に相手と一緒に過ごそうとしない、というのは実はカップルの関係を良くするのに有効です。そもそも、なぜカップルが徐々に一緒にいることを苦痛に思うようになってしまうか、ラブラブでいられなくなるかというと、「義務感」が影響を及ぼしている事が多いからです。

 

カップルでいるのだから一緒に過ごさなければいけない、休日は会うようにして楽しく過ごさなければいけないと、変に意識してしまうと、そこに義務感が生じて、のびのびと楽しむことができません。

 

また義務感に追われて他の予定を無くしてでも一緒に過ごそうとするせいで、本当にやりたかった事ができずストレスもたまりがちです。

 

カップルで過ごすのは、あくまでも気分が乗った時だけにするようにし、「絶対に会わなければいけない」という意識を捨てるようにしましょう。

適度に会わない期間を設けてみる

実は「あえて会わないようにする」ことも、カップルの関係を良くするのに役に立ちます。なぜ、カップルの関係が冷え込みやすいかというと、実は「いつも会っているから、一緒にいる時にしたいことをやり尽くしてしまった」というケースもあるのです。

 

一緒にやりたいことというのは、どんな関係であっても実はそんなに多くなく、頻繁に会っていればあっという間にやり終えてしまいます。そのためネタ切れの状態で一緒に居ても、ただダラダラと過ごすだけになってしまいがちです。

 

そこで彼と話し合って、あえて1週間や2週間ほどは連絡だけで、「会わない期間」を設けるのもおすすめです。「一緒にいる時にしたいこと」を貯めておくことで、会って過ごす時に「濃くて楽しい時間」になり、ラブラブ度も高くなるのです。

愛情表現を惜しまない

カップルとして長く過ごすと、「好きだよ」という言葉は、特に男性側から言う機会が減っていく傾向にあります。「好きなのはわかっているから、いちいち言わない」と考えてしまうことが多いようですが、実際には愛情表現の言葉というのは定期的に言われなければ不安になってしまいます。

 

また一旦関係が冷え込んでしまうと、自分から歩み寄る事に抵抗感がある人も多く、どちらかが先に歩み寄らなければラブラブな状態に戻すことは非常に難しいでしょう。

 

関係が芳しくない時は、思い切ってまずは自分から「好きだよ」や「一緒に過ごせて楽しいよ!」と言い合うようにすることで、次第にお互いに好意を伝え合うラブラブなカップルに戻ることができるでしょう。

付き合いたての気持ちを取り戻そう

人と長く付き合っていると、よほど相性が良くない限りは、次第に関係が冷え込むことは珍しくありません。しかし、上記の工夫によって、カップルの関係を改善するのは難しくないでしょう。

 

「今更恥ずかしい」という気持ちが一番の障害となりますので、まずは恥ずかしくてもチャレンジすることが大切ですよ。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。