大人女子のためのWebメディア
検索
2021年04月05日更新

嫉妬は愛情の裏返し?彼の態度で知る愛情テスト

嫉妬は愛情の裏返し?彼の態度で知る愛情テスト

嫉妬するのは、彼女である私のことがそれだけ好きだからだと思うけれど…。
男性からの度重なるやきもちは、行き過ぎると面倒でもあります。
彼の嫉妬の対象にはどんなバリエーションがあるのか、一度棚卸ししてチェックしてみましょう。
パターン別の彼の嫉妬を知れば、同時にどれだけ彼に愛されているかもわかりますよ。

1. 女友達や男友達の話題にヤキモキ

LINEやデートで、ちょっと「私の友達がね」と話そうものなら「その友達って女?それとも男?」という疑念が、ぐるぐる彼の頭の中を駆け巡り始めます。
「それって〇〇ちゃん?」と知っている名前を出して聞いてきたり「その友達ってどんな人?」などと、さりげなさを装って質問してくるのは、あなたの周囲の友達が恋愛の脅威にならないか警戒している証拠です。

2. 職場の上司も気になる

上司が嫌い、という話題では反応もそこそこなのに「私の上司がすごく頼りになって」と褒めた瞬間その人は嫉妬の対象になります。
なにせ彼からすると、上司=年上の頼れる男性なのでは?という不安が頭をもたげるからなのです。
男性の上司なら、あなたが上司に男性としての魅力を感じているかどうかも聞きたくなるはず。
仕事ができる男性には同性としての嫉妬も加わって、彼の心の中は穏やかな気持ちではいられなくなっています。

3. 飲み会に行くのが嫌みたい

自分だって飲み会に参加することはあるんだから、私の飲み会に嫌な顔しなくてもいいじゃない。
女性としてはそう思うのですが、彼からすると飲み会の無礼講な雰囲気、ずいずい迫ってくる異性の態度を知っているからこそ「飲み会に参加させることは危険」と、頭の中でアラートが鳴ったのかもしれません。
彼に義理立てして参加を取りやめるより、参加したあとに「何もなかったよ」のフォローがあればきっと大丈夫!

4. 元カレの話にすごく敏感

思い出は美化されるものですよね。
たとえ別れた彼氏彼女であっても、話題に出されるとお互いに気持ちのいいものではありません。
「自分の知らない彼女を知っている男」、それが元カレ。
元カレの名前を出した瞬間、彼にいらぬ妄想を抱かせてしまうので、そもそも彼とのおしゃべりの最中に話題に出すこと自体避けるべきではあります。
元カレと今の彼を比べるような発言もご法度。
この話題は、彼が怒っても当然ということを踏まえつつ、あとで「今はあなたが一番好き」のフォローを忘れずに。

 

社交的な女性であればあるほど、彼氏の嫉妬からの束縛が強くなると、とっても息苦しいですよね。
でもそれは、彼があなたのことを好きで好きでたまらないから起こる気持ちなのです。
どうでもいい女性なら、嫉妬の気持ちさえ起こりません。
嫉妬に狂った醜い男性にならないように、彼のやきもちに気付いたら、さりげなく「私は恋人のあなたが好きなんだから、そんなに疑念を抱かないで」と伝えて安心させましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。