大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 抑えるのに必死…!男性が大好きな彼女に嫉妬したときに取る態度...
2021年05月04日更新

抑えるのに必死…!男性が大好きな彼女に嫉妬したときに取る態度5つ

【大好きすぎて嫉妬しちゃう】大好きな彼女に嫉妬したときに取る態度5つ

彼氏が大好きすぎて、ついついヤキモチを焼いてしまう…なんて女性も多いですよね。実は男性も、彼女のことが大好きすぎると、すぐヤキモチを焼いてしまいます。

でも、「男がヤキモチなんてみっともない」というプライドが邪魔をして、ヤキモチを焼いているところを見せられない…といったジレンマを抱えていることは多いです。「大好きと感じるほどヤキモチも強くなるから、抑えるのに必死」と、自分の気持ちを抑えていることも。今回は、男性が大好きな彼女に嫉妬したときに取る態度を紹介していきます。

1. 褒めた男性の悪口を言う

男性のヤキモチでわかりやすいのが、好きな女性が他の男性を褒めたとき。例えば「○○君、彼女に高いバック買ってあげたらしいよ〜すごいよね!気前いいよね」と、彼と共通した男友達を何気なく褒めたとしましょう。彼女のことが好きな彼氏にとって、大抵それは面白くない話です。

そのため、相手の男性が友達であっても「あいつは金はあるけど、後はたいしたこと無い奴だよ」「プレゼントでしか女の子釣れないんだろ」と、あえてその男性の悪い部分をあげて蹴落とそうとします。

2. 話に出てきた男性について詳しく聞いてくる

男性は以外に女性よりも執念深いところがあり、彼女の会話の中に出てきた男性の1人1人について、しっかりと覚えていることがあります。

会話をしていれば、「会社の上司の○○さんが」とか「この前同僚の○○君がね」というように、ちょっとした雑談の中に男性が登場することってありますよね。もちろん女性側に悪気はなく、雑談として話しているつもりでも、男性は全く違う聞き方をしてしまいます。

 

「その男性は、俺の彼女を狙っているんじゃないか」「いつか手を出してくるんじゃないか」というような疑いの眼を向けているのです。そのため、「その○○さんて既婚者?」「○○君は彼女いるの?」「他にどんな話をしたことあるの?」というように、雑談の内容よりも出てきた男性に注目し、その男性のことについて色々聞くようになります。これも男性がヤキモチを焼いているからなのです。

3. 「俺の方ができる」アピールをしてくる

彼との会話で他の男性の話になったとき、「俺だったら○○みたいなことはしないけどね」「俺だったら××して間違いなく終わらせてたな」というように、自分の方がその男性よりもできるアピールを急にしてくることがあります。「別に今、あなたの話をしているわけじゃないんですけど…」と、思ってしまいますが、これも男性のヤキモチの焼き方のひとつ。

 

好きな女性が他の男性の話をするだけでも、男性は嫌な気持ちになるので、自分以外の男性はすべてライバルに感じます。そのため、他の男性は何もできない男性という風に仕立て上げ、自分だけが力ある優秀なオスだとアピールしてくるのです。

 

 

続きを読む:>こんな冷たい態度も嫉妬のせいかも…


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

恋愛経験豊富な恋愛ライター。元々容姿にコンプレックスがあったものの、どのようにすれば男性に好かれるかを学び続けた結果男性を虜にする恋愛テクニックをマスターする事に成功。自分に自信が持てず、恋愛に臆病になる大人女子に向けに心を充実させる恋愛の極意を配信していきます。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 抑えるのに必死…!男性が大好きな彼女に嫉妬したときに取る態度...
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。