大人女子のためのWebメディア
検索
2021年04月06日更新

シングルマザーが不倫相手として狙われる「5つの理由」

シングルマザーが不倫相手として狙われる「5つの理由」1

シングルマザーは不倫相手として狙われがちです。当人が魅力的な女性だった、という理由で恋愛相手として選ばれるケースももちろんあります。

 

しかし、純粋な好意からではなく、「どうせ不倫するならシングルマザーがいい」と考えるゲスな男性がいることも事実です。「既婚男性に口説かれている」または「今現在不倫中」というシングルマザーの方は、本記事を参考に、その男性の真意を見抜いていただければと思います。

1. 夫に慰謝料請求される心配がない

ダブル不倫の場合、双方ともにお互いの配偶者から慰謝料請求される可能性があります。不倫の慰謝料の相場は50万〜300万円であり、決して安いとは言えない金額です。シングルマザーであれば、男性側にこういった慰謝料支払いのリスクはなくなります。

 

ただし、シングルマザー側には、既婚男性の妻から慰謝料請求される可能性は残ります。つまり、既婚男性とシングルマザーの不倫の場合、「女性側だけに慰謝料を請求されるリスク」を負わせた関係なのです。

2. 困っているから落としやすい

シングルマザーが不倫相手として狙われる「5つの理由」2

シングルマザーは独身女性や既婚女性よりも、「困っているから落としやすい」「恋愛関係に持ち込みやすい」と考えている男性もいます。

 

シングルマザーは他の女性よりも簡単に恋愛できたりセックスできたりする、というのは都市伝説です。現実には、シングルマザーは困っている可能性は高い(現状、シングルマザーのふたりにひとりは、貧困ライン以下の経済状況)ものの、家事に育児に仕事にと忙しく、不倫なんてしている時間はない!という人も多いのです。しかし、ゲスな男性のなかには、「シングルマザーは寂しいだろうから、落としやすい」とシングルマザーをなめてかかっている人もいるのです。

【この記事も読まれています】

ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

神戸出身。編集者を経て現在フリーライター。複数メディアにて、映画評・書評・ルポなどを連載中。 Grappsでは、恋愛で躓いている女性が「こんな考え方もあるんだ!」「こんな人もいるんだ」と、前向きになれるような記事を書いていきたいです。ご意見・ご感想はTwitter@imakitakonまで♪
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。