大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 未来は前途多難?!付き合うと「絶対に苦労する」男性の特徴
2021年06月25日更新

未来は前途多難?!付き合うと「絶対に苦労する」男性の特徴

未来は前途多難?!付き合うと「絶対に苦労する」男性の特徴

恋人同士の付き合いは山あり谷あり。衝突やすれ違いを繰り返しながらも愛情が失われなければ、その先に結婚というひとつのゴールが待っているのです。

ただ、山あり谷ありの程度は付き合う男性によってさまざま。例えば略奪愛の場合は、相当な苦難が待ち受けているでしょう。そこで今回は、付き合うと絶対に苦労する男性の特徴を解説します。その男性と付き合うかどうか…それはあなた次第です。

結婚できない率上昇!未来の約束が難しい男性

女性は男性と付き合ってゴールではなく、その先の結婚に辿り着いてこそゴールと思うでしょう。ただ、付き合う男性のタイプによっては結婚が難しく、未来が約束されなくなってしまいます。

もちろん、結婚できる確率がゼロというわけではないですが、他の男性に比べて確率が低いのは間違いありません。次の特徴に当てはまる男性は付き合えば苦労するのは明白であり、付き合う時には覚悟が必要です。

(1) 結婚願望がない 

結婚願望がない男性でも、後に結婚願望が芽生える可能性がありますが、付き合えば苦労するのは確実です。

なぜなら、このタイプの男性と付き合うと、その中で男性に結婚願望を芽生えさせる必要がありますし、もしかするとどう対応しても結婚願望が芽生えない可能性もゼロではないのです。

結婚を考えている女性に、このタイプの男性と付き合うことをおすすめできません。付き合うからには未来のない覚悟が必要です。

(2) 趣味に没頭している 

趣味に没頭している男性は、例え結婚願望があっても結婚に踏み切れないケースが多く、結婚を考えている女性が付き合えば確実に苦労するタイプの男性です。

このタイプの男性は趣味を生き甲斐にしているため、結婚して趣味に費やすお金・時間が減少するのを我慢できません。

そのため結婚を嫌がる可能性が高く、解決するには結婚後の趣味に費やすお金・時間を保証する、女性の魅力が趣味を上回るの、どちらかしかないのです。

ケンカ率上昇!衝突が絶えなくなる男性

長く付き合っていれば男性とケンカするのは当然ですし、どんなにラブラブなカップルでも一度もケンカしたことがないカップルはいないでしょう。

しかし、ケンカが起こる確率には差があり、とくに次の特徴に当てはまる男性と付き合った時のケンカ勃発率は高くなります。もちろん、ケンカの果てに別れてしまう可能性もあるため、付き合うからには衝突が絶えない覚悟、別れてしまいやすい覚悟をした方がいいでしょう。

(1) Sの男性 

Sの男性は、自信に溢れる言動や時折見せる優しさが魅力になるものの、基本的に言葉や態度が冷たいため、それが原因で衝突してしまうことが多いでしょう。とくに、自称Sの男性は極めて厄介です。Sの意味をはき違えて常に冷たく自分勝手な振る舞いをする傾向があります。

このような理由からSの男性と付き合うとケンカが多くなり、冷静になると「なぜこの人と付き合っているんだろう」とも思えてしまうのです。

(2) 連絡不精な男性 

男性は女性に比べてLINEのマメさに欠ける傾向があります。

連絡不精なタイプの男性と付き合うと、女性の不満が蓄積されていきます。連絡頻度が低いことで女性は不満になり、その不満を男性に訴えることで男性も怒ってしまうのです。

いずれにしてもコミュニケーション不足になることは明白であり、付き合えば確実に苦労するでしょう。

 

付き合うと苦労することが分かっていれば覚悟ができ、本当に相手の男性が好きなら長続きしやすくなります。付き合ってみて「こんなはずじゃなかった」と後悔する場合、男性に責任があるのは言うまでもないですが、よく考えずに付き合った女性の責任もゼロではありません。

付き合うと苦労する男性の特徴を知った上で付き合うのも一つの選択肢です。嫌なら付き合うのを止める選択肢もあり、ここはあなたが判断する部分です。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 未来は前途多難?!付き合うと「絶対に苦労する」男性の特徴
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。