大人女子のためのWebメディア
検索
2021年05月21日更新

叱るべきが友情…?友達の「不倫話」を聞いた時にとるべき態度とは

叱るべきが友情...?友達の「不倫話」を聞いた時にとるべき態度とは

友達からいきなり「不倫話」を打ち明けられてしまった……そんな経験をした女性は少なくありません。とはいえ、突然のことに慌ててしまいますよね。そんな時はどんな態度を取ったらいいのでしょうか?

「突き放す」ような態度をとるのはNG!

不倫を続けていたら、「友達が傷ついてしまうのでは?」と心配になるのは普通のことです。

止めたいと思うあまり、「叱る」ような言葉を言ったり「突き放した態度」を取りたくなってしまいますが、これは逆効果。反対されるほど燃えあがってしまったり、孤独を感じてのめり込んでしまう可能性が高いです。

 

さらに、友達と喧嘩に発展してしまう恐れもあるため、突き放すような態度をとるのは避けましょう。

「態度は変えず」に誘導しよう

あくまで「態度は変えず」に話を聞いてあげましょう。その後に、合コンや街コンなど新しい出会いの場をセッティングしてあげるのが効果的です。

 

この時のポイントは、あくまで「自分に付き合ってほしいと」いう形で誘うことです。「不倫を止めてほしいから…」と正直に言ってしまうと、受け入れられない可能性が高いでしょう。不倫中は、視野が狭くなっている状態です。ほかにも男性はたくさんいるのを再確認することで、冷静になれるかもしれません。

 

また、恋愛だけでなく「趣味」や「遊び」に連れ出すこともおすすめです。気持ちが冷静になる瞬間を作れば、不倫関係を見つめ直すきっかけに繋がることもあります。

 

そして自分が巻き込まれるリスクを考えて、「距離を置く」のもひとつの手です。特に友達が不倫を楽しんでいる様子であれば、誘導してもあまり意味がないかもしれません。不倫の話をただ聞いているのは辛い、という人も少なくないため、自分が疲れてしまう前に対応しましょう。態度は変えずに、少しずつ距離を置いていくことがトラブルを避ける上で大切です。

止めたいなら「寄り添った態度」でリスクを伝える

やっぱり「不倫を止めたい!」という思いが強い方は、友達に寄り添った態度で不倫のリスクを伝えましょう。

大切なのは、不倫は悪いことだから止めた方がいい!という言い方ではなく、あくまでも実際に生じるリスクを伝えることです。不倫がバレてしまった時のリスクが大きいことはよく知られていますが、分かっていても止められないもの。

しかし、第三者から指摘されることで、改めてそのリスクを認識することができます。

 

不倫は、とてもリスキーな行為です。つい強く反対したくなってしまいますが、その気持ちをぐっとこらえて落ち着いた態度で接しましょう。友達が「幸せ」になれる方向へ冷静に導いてあげることが、不倫から脱却できる近道です。自分を心配してくれる人がいるという事実が、その行動を起こす力になるかもしれません。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。