大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 絶対NG!マッチングアプリで会ってはいけない男性のタイプ
2021年04月27日更新

絶対NG!マッチングアプリで会ってはいけない男性のタイプ

絶対NG!マッチングアプリで会ってはいけない男性のタイプ

マッチングアプリは手軽に男性と出会える反面、体目的で女性と接してくる男性も数多く存在するので注意が必要です。とはいえ、そんな男性も最初は本音を隠しており、素敵な紳士を演じているため女性も心を許してしまいます。

そこで今回は、マッチングアプリで絶対に会ってはいけない男性のタイプを紹介します。例えどんなに素敵な男性でも、今回解説する特徴に当てはまるなら要注意だと思っておいてください。

体目的の男性の心理から考える「会ってはいけない」男性のタイプ

体目的の男性の気持ちなど考えたくもないでしょうが、安全性を高めるためには敢えて考えてみることも大切。女性を騙そうとする男性がどんなタイプの女性を狙い、またどんなタイプの女性を避けるのかを考えれば、おのずと危険度が高い男性の特徴が見えてきます。

いくら口が上手くてもよからぬ本音を秘めている以上、目的を叶えるために男性は明らかに不自然な言動をとるのです。

(1) 会う前に恋愛感情をほのめかしてくる男性 

会ってもいないのに相手を好きになることは滅多にあり得ません。失礼な話、女性の性格が悪い可能性だってありますし、顔だって男性の好みとは限らないでしょう。

いくら楽しいメッセージを送る女性だとしても会ってからが全てであり、会う前に恋愛感情をほのめかす男性は明らかに本音ではありません。会ってもいないのに好きになったと告白する男性とは、絶対に会わない方がいいでしょう。

(2) 親しくなる前に顔写真を要求してくる男性 

いきなり顔写真を送るように求めてくる男性は、女性の内面に全く興味がありません。そもそもマッチングアプリとは見ず知らずの男女が出会うツールですから、出会った相手に対しては内面に興味を持つのが自然です。

趣味・価値観・性格などが合わなければ、付き合うことは難しいからです。それを無視して真っ先に顔を気にする男性は真面目に恋活しているとは思えず、体目的の可能性が高いのです。

(3) やたらと会おうとしてくる男性 

確かに、メッセージのやりとりが続けばいずれ会う話にはなるでしょう。しかし、それはお互いの信頼が確実になってからの話であり、出会ったばかりの状態で会うのはあまりにも軽率。

男性だって女性に警戒されているのは承知していますから、まずは信頼されることを目指そうとするはずです。一方、やたら会おうとする男性は女性の不安な気持ちを考えておらず、そんな男性心理を考えると体目的と解釈できるのです。

(4) プロフィールが秘密だらけの男性 

プロフィールを秘密だらけにするのは身バレを恐れているからで、そこまで恐れるのは既婚者の可能性が考えられます。

プロフィールは、相手に恋人候補として自分を判断してもらうための大切な要素であり、いわばアピールポイントでもあります。それを隠すのはプロフィールから身バレを恐れる既婚者、もしくはアピール材料がない男性だと考えられ、どちらにしても会わない方がいいでしょう。

(5) メッセージを送る頻度が高すぎる男性 

メッセージを送る頻度が高すぎる男性は支配欲と独占欲の強さがあらわれており、付き合うことになれば苦労するのは明白です。

付き合っていない段階でそこまで頻繁にメッセージを送ってくるとなると、付き合ったらどうなるか想像するだけで嫌になりますよね。

連絡がマメな男性は好印象ですが、あまりにも高い頻度でメッセージを送ってくる男性は、恋人候補から除外して会わない方がいいでしょう。

 

体目的の男性にとってメッセージのやりとりは退屈でしかなく、目的を叶えるために素早く行動します。まず相手の顔やスタイルの確認、そして会えるかどうかの交渉、さらに女性をその気にさせるため甘い言葉で誘います。

また、このような遊び人は身バレするのを恐れるため、プロフィールを隠す傾向があります。つまり、これらの特徴に該当する男性は体目的の可能性が高く、絶対に会わない方がいいのです。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

二人の子供を持つ、子育て奮闘中のパパライター。男性目線はもちろん、女性の意見も取り入れる幅広い視点で、理想と現実の狭間に揺れる大人女子に向けて参考になる恋愛の極意をお届けします。
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 絶対NG!マッチングアプリで会ってはいけない男性のタイプ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。