大人女子のためのWebメディア
検索
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 後悔するかも…「不倫相手と再婚する」ときに覚悟したいこと3つ
2021年07月05日更新

後悔するかも…「不倫相手と再婚する」ときに覚悟したいこと3つ

【重要】「不倫相手と再婚する」ときに覚悟したい3つのこと

不倫は最終的に別れの道をたどることが多いですが、中にはそのまま不倫相手と結婚に至るケースもあります。しかし、不倫の末の再婚だからこそ、普通の結婚とは異なる覚悟が必要になってきます。今回はそんな「不倫相手と再婚するときの覚悟」を紹介していきます。

1. 浮気をされても許す覚悟

不倫相手と再婚するときに真っ先に覚悟しなければいけないのが、この「自分が浮気をされてしまう可能性」です。いくら愛している男性であっても、実際に不倫していた事実から、家庭に不満ができると第三者の女性と浮気をして、ストレスを和らげようとするタイプの男性と言えます。

それは、不倫をしていた自分が一番よくわかっているはずです。そのため大事なのは、浮気をされたときに自分がどんな対応を彼にするかです。元々その男性の性質が浮気をするタイプだと考え、怒りをヒートアップさせるのはやめましょう。

そのうえで「何か不満があったのか?」を二人で話し合うことで、浮気が本気になるのを防ぐことができます。

2. 罪の意識を感じ続ける覚悟

不倫相手と再婚したときに覚悟しておきたいのが、他の女性から大切な人を奪ってしまったという罪悪感を抱え続けることになるかもしれない点です。

特に相手に子供がいる場合は、妻から夫を奪い、子供から父親を引き離して家庭を壊したという、罪悪感はどうしても強く残るでしょう。

そのため、彼と再婚するにあたってその罪の意識ときちんと向き合い、自分なりに折り合いをつける覚悟はしっかりとしておくべきです。覚悟ができていないままだと罪悪感によって、結婚生活が暗く、幸せとは言い難いものになってしまうからです。

3. 不倫相手の態度が変わる覚悟

不倫相手との再婚で忘れてならないのは、どんな相手でも結婚をきっかけに変わってしまう可能性があるということ。不倫中は、元妻から逃れるために不倫相手に対して優しく誠実に接していても、結婚をするとその元妻からの束縛や制約がなくなるので、今までとは態度が変わる可能性があります。

また、男性の中には「釣った魚には餌はやらない」というタイプの人もいて、自分の妻になったことで、優しさや愛情を見せなくなる場合もあります。不倫相手と再婚する場合は、今までのような彼ではなくなってしまう可能性についても、覚悟を決めておきましょう。

不倫相手との再婚はリスクも多い

不倫相手と再婚することは、元妻も含めて今までの関係に終止符を打ち、新しい環境や関係を手に入れられます。しかし、さまざまなリスクを含んでいることは間違いないので、そのことを十分理解したうえで覚悟をしておく必要があるでしょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
  • Grapps
  • 大人の恋愛
  • 後悔するかも…「不倫相手と再婚する」ときに覚悟したいこと3つ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。