大人女子のためのWebメディア
検索
2021年05月02日更新

興奮で寝れねー…!男性悶絶の「おやすみLINE」テクニック

興奮で寝れねー…!男性悶絶の「おやすみLINE」テクニック

気になる彼と距離を縮めるには、おやすみ前のLINEが実に効果的。なぜなら、寝る前というのはもっともプライベートな時間になり、眠りに落ちる前にしていたLINEは頭の中で反復されることも多いからです。

そのため、彼がもうベッドに入るであろう時間にLINEが返ってきたらチャンスです!インパクトに残るおやすみLINEを送って、彼に自分を意識させちゃいましょう♡

1. 労いの言葉を添える

一般的に深夜帯や22〜23時をまわってからのLINEは、「おやすみ」の一言が送りやすい時間です。ただ、そのときに「おやすみ」だけではなく、「今日も一日お疲れさま」や「ゆっくり休んでね」といった労いの一言が添えられていると、男性のインパクトに残りやすくなります。

基本的に男性は眠りにつく直前は疲れ果てていることが多く、「彼女に癒やしてもらいたい」という欲が湧き出ている瞬間でもあるからです。

そんなタイミングで、女性から心のこもったLINEが届いたら、嬉しくなって意識してしまうのは間違いないでしょう。労いの言葉は些細な一言ではありますが、男性の心をつかむには充分すぎるパワーワードなのです。

2. 「寝る前に声が聞きたい」と漏らす

ベッドに入ると色々と考え事をしてしまう人は多いですよね。実はこの時間帯は、人の記憶や感情が揺さぶられやすいと言われています。つまりは、一日の中でも特に男女間の距離が縮まりやすい時間帯ともいえるのです。

その時間帯に女性から「寝る前に声が聞きたいな」と電話の誘いを匂わせるおやすみLINEが届いたら、ドキッとしない男性はいませんよね。実際に電話ができれば、お互いの関係をより親密にすることができます。

電話ができなかったとしても彼の中で存在は大きくなるので、テクニックとしては効果的ですよ!

3. デート前日の期待を煽るおやすみLINE

気になる相手とのデート前日の夜は、男性でも遠足を翌日に控えた子供のようにドキドキしてしまいます。そのため、相手の女性から「明日は楽しみだね」といったおやすみLINEが送られてくると、「デートを楽しみにしてくれているんだ」という事実に喜びが隠せなくなり、明日への期待感や楽しみで気持ちが高揚します。

男性もテンションが上って、おやすみLINEの後もメッセージを続けてくるかもしれません。でも、ここで大事なのは深追いしないことです。あえてきっぱりとLINEをストップすることによって、お互いにドキドキした感情を保ちながら翌日のデートを迎えることができ、デートの成功率はより高くなります。

 

彼との距離を縮めるおやすみLINEは至ってシンプル。「おやすみ」の前後に一言添えるだけです。冗長にならないよう、サクッと終えることがポイント。彼をキュンとさせるおやすみLINEで、男性の心を鷲掴みにしちゃいましょう!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。