大人女子のためのWebメディア
検索
2021年05月05日更新

本命になれないのはなぜ?「セカンド女子」にされる理由

本命になれないのはなぜ?「セカンド女子」にされる理由

親しくしている男性は多いものの、なかなか「本命」として付き合ってもらえない女性がいます。一体、何が理由なのでしょうか?決してモテないわけではないのに「セカンド女子」にされる理由を解説します。

尽くしすぎる

「食事のときに料理を取り分ける」といった程度の尽くし方ならかわいいのですが、それが度を超えた尽くし方になるとセカンド女子になる可能性が高まります。

たとえば男性が曇った表情を一瞬見せただけで「どうしたの?仕事が上手くいってないの?私になにかできることない?」と言ったりするなど、女性にこのような言動をされると男性は「私がこんなにも尽くしてるんだから、あなたも私に尽くしてね」という圧力を感じることがあります。

しかし、尽くしすぎることの根底には“善意”があるだけに、男性はハッキリと嫌な態度を見せることができないのです。そして明確な拒絶をしないまま、徐々に「セカンド女子」として扱うようになります。好意の押し付けになるような、尽くし方はしないようにしましょう。

社交的すぎる

「明るい」や「活発」といった性格は、愛され女子の特徴とも言えますが、あまりにも社交的すぎると男性からの愛情が減少してしまうことがあります。

「この子は俺以外の男性の前でも、こんなに親しげに振る舞うのかな?」という懸念を抱かれてしまうからです。しかし懸念はあるものの男性は「社交的すぎるけどこの子と一緒にいると楽しいからセカンドとしてキープしよう」と考える傾向があるため、関係は続いていくのです。

本命になりたいなら、「内向的」な一面も所々で見せていくようにしましょう。気さくに話すばかりではなく、一歩引いたポジションから男性を観察して、相手の気持ちを察しながら話すようにしましょう。

男性と対立することを嫌がる

「○○くんのことなんて大嫌い!」と言いながら別れたものの、復縁したカップルを見たことはありませんか?“対立”は本命女子になることの対極にあるような印象を受けますが、実は対立を経て、男性の脳裏に魅力的な女性として印象が残ることもあるのです。

逆に、対立することを嫌って男性の言うことに共感しているだけでは、いい子だなという印象は残っても、オンリーワンになることは難しいといえます。どんなに男性好みの見た目にしても、プラスアルファを感じさせることのできない女性は、セカンド女子に位置づけられる傾向があります。

セカンド女子は本命まであと少し

「セカンド女子」は「ファースト女子」のあと一歩のところまで到達しているということです。つまり“本命になるためのお膳立てが整った状態”だといえます。あと一歩のアピールに挑戦してみましょう。


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。