大人女子のためのWebメディア
検索
2021年04月23日更新

この気持ち、嫉妬なの…?嫉妬心を感じやすい瞬間4つ

嫉妬ってこういうこと?嫉妬心を感じる瞬間4つ

「なんかモヤモヤする…」「大好きなのに大嫌い」と、感じたことはありませんか?
その気持ち…男性への嫉妬です。

もしかすると自分では気がついていなくても、嫉妬を感じる相手のことを知らないうちに好きになっていることも。
今回は、好きな男性へ嫉妬心を感じやすい瞬間4つご紹介します!

嫉妬心を感じやすい瞬間を知っておけば、嫉妬した時にも気持ちを整理しやすいはずですよ。

1. 他の女の子と話をしている姿を見た時

ちょっと女の子と話をしているだけなのに、その姿を見てモヤモヤしたことはありませんか?
それがとても楽しそうだったら、嫉妬心はもっと膨れ上がります。
それは、自分の自信のなさからくる嫉妬心なのかもしれません。

2. 他の女の子を褒めていた時

「あの子可愛いよね」「なんか優しい子だよね」と、悪気なく褒める彼にイライラ…。
「じゃああの子と付き合えばいいじゃん!」と、怒りたくなることも。
でもこんな時には怒りたくなる気持ちを抑えて「わたしは…?」と、可愛くむくれて対応するのが◎
面倒な嫉妬より、可愛いヤキモチを伝えましょう。

3. 元カノの話を聞いた時

好きな男性の元カノの話を聞いて、嬉しい女性っているのでしょうか…?
まだ未練があるのかと、心配してしまいますよね。
もしかしたら、嫉妬してもらいたい男性からの作戦なのかもしれませんよ。

4. 自分の知らなかった過去を知った時

たとえどんなにラブラブなカップルでも、出会う前の過去には戻れませんよね。
相手の男性を好きな気持ちが大きいほど「もっと早く出会いたかったな」と感じるもの。
彼の過去も全て自分のものにしたいという、独占欲から嫉妬心しているのかもしれません。

 

こんな嫉妬を感じたことはありますか?
「気にしない」と思っていても、好きなら気になって当たり前!
嫉妬心とも、うまく付き合っていきましょうね♡


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

大人の恋愛コラムを毎日お届けします!

この記事に関するキーワード

アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。