大人女子のためのWebメディア
検索
2021年06月10日更新

マジごめん、察してくれ〜!圏外「脈なし」女子へのLINE

マジごめん、察してくれ〜!圏外「脈なし」女子へのLINE

LINEのやり取りが続いていても、実は「脈なし」だったということは多々あります。男性も仕方なくLINEをすることはあるんです。相手が「脈なし」かわかれば、諦めたり猛アピールに切り替えるなど、時間も無駄にせずすみます。では早速、「脈なし」LINEの特徴をチェックしましょう。

当たり障りのない内容

ひたすら、当たり障りのない内容が続くLINEです。ずっと浅い話で、全然お互いのことを深く知れないわけですね。

これは「自分のことを教える気はないよ」という男性の意思メッセージです。仲良くなる気がないので、個人的なことを全く話さないわけです。相手の女性にも「興味」がないので、女性の話も聞きたくならない。もしも「脈あり」で仲良くなりたいと思っているなら、女性のことをもっと知りたいと思うはずですから。

 

最初はどうしても当たり障りのない内容ばかりになりますが、ある程度やり取りを重ねているのに、全然「深い話」にならないなら、「脈なし」の可能性が大です。

質問を全くしない

男性は好きな女性相手だと、必ずと言っていいほど質問をします。

 

・女性のことをもっと知りたい

・女性が言うことを理解したい

・話題を広げてたくさんやり取りしたい

・とにかく楽しく話したい

 

といった理由から、男性は女性に質問するんです。LINEでやり取りしてるのに全く質問がないのは、「興味のなさ」の表れと言っていいでしょう。好意があればあるほど、質問する機会は増えるはずです。

 

男性が全然質問してくれず、自分ばかりいろいろ話しているという状況は「脈なし」だと思っていいです。

スタンプや返事のみ

こちらからLINEするものの、スタンプだけ返されるとか、返事のみの内容が続く場合は、「脈なし」です。これ以上LINEでやり取りする気はなく、最低限の対応だけします。コミュニケーションを取る気は、ないんですね。

 

もしも「脈あり」でもっとLINEしたい気持ちがあるなら、スタンプだけの返信はあまりしないでしょう。また、「脈あり」なら返事だけということもなく、逆に質問したり、新しい話題を振ったりするものです。

こちらが既読無視したくなるような対応を続ける時点で、やり取りをやめたいと言っているようなものです。

 

男性のLINEをよく見れば、相手の心理が理解できます。LINEの回数だけではなく、相手からどういうメッセージが来るかということも注目するといいでしょう。LINEが続くから「脈あり」というわけではないのです。男性心理を見極めて、恋愛に生かしてくださいね!


【この記事も読まれています】
ブックマーク LINEで送る

この記事を書いたライター

今話題の女性向けニュースをいち早くお届けします!公式SNSも更新中です☆ ・Grapps公式Facebookページ
アプリでGrappsが
サクサク読める♪

5000本以上の記事が読み放題♪悩める女性のバイブルGrappsを 電車の中でも移動中でも快適にチェックすることができます。